【東京モーターショー15】スズキは地に足の着いたモデルで「バイクのある楽しさ」を演出!

コラム Clicccar

ヤマハ・ホンダと好対照だった今回のスズキ。

過去にFALCORUSTYCO:ファルコラスティコやNUDA:ヌーダ、G-ストライダーといった突拍子もないデザインを発表し、時に「KATANA:カタナ」のようにそのまま販売してしまうスズキさん。

今回は…コンセプトGSXと云うデザインスタディのオブジェを発表しました。

…えぇ、発泡スチロールです。流石にこれが市販される事はありえないのでしょうから、お祭り感はかなり薄めです。

コンセプトバイクとして提案されたモデルは2台。ともに原付で1台目はFeel Free Go!(:フィール フリー ゴー!)です。

原付クロスバイクと紹介されたので、一瞬モペットかと思いましたが、まがう事無き原付バイクです。ベルトドライブのこのバイクは2段変速ですが、シフトチェンジは自転車のハンドグリップシフトのように左手のグリップで切り替えます。

華奢に見えますが、フレームもブレーキも自転車ではなく、原付バイクの社内強度基準を満たす物となっています。

市販化検討の際には「チョイノリとスクーターの間の価格が設定できるといいなぁ」と、説明員の方も気軽に手に入れられる価格を意識されている様子でした。

そして、今すぐに売れるんじゃないかと思える程、高い完成度を見せたのが「HUSTLER SCOOT(:ハスラースクート)」

大人気の軽自動車「ハスラー」の様な使い勝手をイメージさせますが、オールド世代にはハスラーと云えば原付(オフロード車)の名前。スクーターとはいえバイクに帰ってきた…と懐かしがられる方も多い事でしょう。

使い勝手ですが、シート下のヘルメット収納スペースを荷室替わりに使うのはスクーターでは今や常識。ですが、シート座面の長さを越える長尺物はまず入りませんでした。

今回、車のトランクスルーの様にシート前方に内側から収納物を付き出せる機構を付けたので、テニスラケット位の長さの物なら格納可能になりました。

更にフットスペースに専用トランク(ケース)をはめ込めるレールを備え、ぐらつかない収納スペースを拡張しました。見ていてかなり欲しくなる便利さが満載されています。

今回、KATANAの様な破天荒な”ある意味SUZUKIらしいモデル”の発表はありませんでしたが、すぐに使いたくなるモデル2種。今後の展開から目が離せません。

(川崎BASE)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ