【東京モーターショー15】「自分、不器用ですから」カワサキは我が道の継承を強くアピール【動画】

コラム Clicccar

カワサキは、川崎重工のモーターサイクル&エンジンカンパニーという社内カンパニー位置付けで日本の4メーカーの中では最も小さな規模のバイクメーカーです。

「スクーターを作らない、オートマチック限定免許では乗れないカワサキ」としてライダーの間では認識されていますが、一方で熱狂的なファンが多いメーカーとしても知られています。

今回、カワサキは伝説のバイク“Z1”を展示。

Z1は1972年に登場した空冷4気筒DOHCエンジンを初めて量産車に積んだバイクで、現在まで脈々と続くカワサキ“Z”の始祖。


これだけオリジナルコンディションのZ1は一見の価値が有ります。その隣には今年発表された超絶スーパーバイクNINJYA H2とH2Rが展示。

H2Rは、「クローズドコース専用車」を間近に見る機会です。

羽根が…生えてますね。ピカピカのメッキ塗装は使い勝手に…という心配は不要です。街中では乗れませんし、殆どの場合は当たりの柔らかい革ツナギを来ている筈です。
肝心の326psのエンジンは車載状態ではほとんど見えません。

そこで、と云う訳ではありませんが次世代のスーパーチャージャー付きエンジンが単体展示されています。

このエンジンではスーパーチャージャーの吸入口の手前に電子制御フラップを設置。吸気の量や流れ方向を細やかに制御を行い、圧縮や燃焼の効率を更に高め、優れたパワーと燃費を実現するそうです。このフラップがなかなか開かない時間もあり、見学しにくい。

動画を見るにはこちら

スーパーチャージャーの形式としてはバランス型を搭載します。自動車で採用されていたルーツ式やリショルム式とは異なり、軽量なコンパクトである事がバイク用として最大のメリットです。

バイクのエンジン出力はサーキットを除けば、これ以上の高出力は不要な感もありますが、より軽量コンパクトで高性能なエンジンを生み出す先駆けとなったり、小型スポーツカーのエンジンとして採用される事があるかもしれません。

また、未来の夢見るカワサキとして、Concept SC01 -Spirit Charenger-をイラストで展示しました。

前述のエンジンを搭載し、未体験のライディングを体験出来るモデル…として登場するそうです。期待しましょう。

他のお披露目は、スーパーバイク世界選手権チャンピオンマシンのノウハウを注ぎ込んだNINJYA ZX-10Rや、

カワサキ最大の排気量となるZX-14R、

Z125 PROなど量産を前提に「走りへのこだわり」RIDEOLOGY(ライディオロジー)を詰め込んだマシンが並んでいました。

エコや使い勝手は意識しつつも前面に押し出さず、走りを前面に押し出したカワサキ。まるで「自分不器用ですから」という漢の強さと心配りを見せている様でした。

(川崎BASE)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ