【東京モーターショー15】ホンダが描く水素エネルギー社会は「循環」がテーマ

コラム Clicccar

「SMART MOBILITY CITY 2015」のホンダ・ブースでは、FCVの「CLARITY」で「水素を使う」、スマート水素ステーションで「水素をつくる」、外部供給電源機能を備えたクルマと「水素とつながる」という3つのテーマでブースが展開されています。

FCVの「CLARITY」は、3分程度の水素充填時間でトヨタ「MIRAI」を超える700km以上の走行が可能で、燃料電池スタックや燃料電池パワートレーンをセダンのボンネットに配置し、5人の乗車を可能にしています(MIRAIは4名乗車)。

しかし、FCVはホンダの水素利用のひとつでしかなく、ホンダは先述したように「水素をつくる」、「水素とつながる」という視点でも実際に動き出しているのが特徴。

「水素をつくる」では、コンパクトなSHS(スマート水素ステーション)を披露。ホンダの四輪R&Dセンター(和光)にも設置されたという、同社独自の高圧水電解システムである「Power Creator」によりコンプレッサーを使わなくても使用再生可能エネルギーなどからCO2フリーの高圧水素ガスを製造できます。

「水素ガスとつながる」は分かりにくいですが、モビリティから電気を取り出すインバーター「Power Exporter」は、「CEATEC AWARD 2015」を獲得するなど世界でも高い評価を獲得しています。

さらに、マーシャル諸島共和国で共和国政府と共同で、フィットEVと太陽光発電に対応したAC普通充電器「Honda Power Charger」を導入した社会実証実験をスタートさせるなど、EVの開発も推進する構え。

ほかにも、宮古島など自治体と共同で推進されてきた小型モビリティの「MC-β(エムシー ベータ)」を活用した社会実験で得られた知見、課題をもとにした街作りの方向性も提案されています。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ