VWのディーゼル違法ソフト問題「ディーゼルゲート」、ポルシェにも搭載と指摘

コラム Clicccar

東京モーターショー2015では、将来的なディーゼル車の日本導入を発表したフォルクスワーゲンですが、今度は最新ディーゼルへも違法ソフトの疑いです。

北米に端を発し、「ディーゼルゲート」と呼ばれるようになった、フォルクスワーゲン・グループのディーゼルエンジンへの違法ソフト『ディフィートデバイス』搭載問題が拡大しています。

フォルクスワーゲン・グループの2.0リッター4気筒ディーゼルにおける違法ソフト問題を指摘したEPA(アメリカ環境保護庁)が、同グループの3.0リッターV6ディーゼル搭載車にもディフィートデバイスの可能性アリと、現地時間の2015年11月2日に発表しました。

対象としてリストアップされたのは、フォルクスワーゲンだけでなく、アウディやポルシェのモデルも含まれます。

EPAがフォルクスワーゲン・グループに対して、試験を検知する違法ソフトを搭載していたとして、大気汚染防止法の違反を追加通知したのは、以下のモデルとなります。

2014 VWトゥアレグ
2015 ポルシェ カイエン
2016 アウディA6クワトロ、A7クアトロ、A8、A8L、Q5

これまでフォルクスワーゲン・グループは、違法プログラムである「ディフィートデバイス」の搭載については、旧型の2.0リッター4気筒ディーゼルエンジンに限った話としてきました。

V6ディーゼルの違法プログラム使用についてフォルクスワーゲンは否定のリリースを出していますが、アメリカEPAによる指摘が事実となれば、特定のエンジンにかかわらずディフィートデバイスが使われていることを疑わせるものとなり、グループ全体での信頼を失うことになりそうです。

 

(山本晋也)

【関連記事】

フォルクスワーゲンのクリーンディーゼルがアメリカで問題視
http://clicccar.com/2015/09/21/328352/

ディーゼルエンジン不正問題でフォルクスワーゲンのCEOが辞任、日本への影響は?
http://clicccar.com/2015/09/24/328861/

VWの違法プログラムはディーゼル技術そのものには関係ない! というボッシュが断言
http://clicccar.com/2015/10/04/330968/

【東京モーターショー15】アウディもクリーンディーゼルを回避しながら7モデルを日本初公開
http://clicccar.com/2015/10/17/333554/

【東京モーターショー15】フォルクスワーゲンがクリーンディーゼルの日本導入と電動化を明言
http://clicccar.com/2015/10/28/335831/

 

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ