VWの違法プログラム、ガソリンエンジンも対象か? CO2排出でも問題に?

コラム Clicccar

2015年9月にアメリカ環境保護庁EPAなどが指摘したフォルクスワーゲン・グループの4気筒ディーゼルエンジンにおける違法プログラム問題。アメリカではEPAがV6ディーゼルも怪しいとして追加の指摘をしています。

アメリカで指摘されたポルシェやアウディも使うV6ディーゼルにおける疑惑について、フォルクスワーゲン・グループは否定しています。

その一方で、自社内の調査によってCO2排出量(燃費性能)における認証ついて、なんらかの問題があることを確認したことを現地時間の2015年11月3日にフォルクスワーゲン自身が発表しました。

問題の詳細については、公式発表されていませんが、新たに発覚したCO2排出量についての問題は、主にディーゼルエンジンを対象としているといいます。すなわちガソリンエンジンも含む、約80万台が対象となることがアナウンスされました。

フォルクスワーゲンのスキャンダル、ディーゼルにとどまらず問題が拡大していく模様ですが、こうした発表がなされるということは自浄作用が働いているともいえそう。いずれにしても、詳細な続報が待たれます。

なお、このCO2排出量の問題の解決にかかるコストは20億ユーロを見込んでいるということです。

(山本晋也)

【関連記事】

VWのディーゼル違法ソフト問題「ディーゼルゲート」、ポルシェにも搭載と指摘
http://clicccar.com/2015/11/03/337625/

フォルクスワーゲンのクリーンディーゼルがアメリカで問題視
http://clicccar.com/2015/09/21/328352/

ディーゼルエンジン不正問題でフォルクスワーゲンのCEOが辞任、日本への影響は?
http://clicccar.com/2015/09/24/328861/

VWの違法プログラムはディーゼル技術そのものには関係ない! というボッシュが断言
http://clicccar.com/2015/10/04/330968/

【東京モーターショー15】フォルクスワーゲンがクリーンディーゼルの日本導入と電動化を明言
http://clicccar.com/2015/10/28/335831/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ