日本一売れているトヨタ・アクアが衝突回避ブレーキを手に入れた

コラム Clicccar

優れた省燃費性能で圧倒的な販売台数となっているトヨタの1.5リッターハイブリッド車「アクア」が、さらに商品性をアップさせるべく、先進安全システムを充実させたマイナーチェンジを実施です。

ポイントは、上位グレードに衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を標準装備したことです(「S」、「L」グレードはオプション設定)。

レーザーレーダーと単眼カメラのメリットを組み合わせたこの先進安全システムをすでに搭載しているカローラでは、JNCAPのプリクラッシュブレーキ試験において50km/hで停止している障害物との衝突回避するなど満点を獲得しているするなど、非常に優れた結果を残しています。

その衝突回避支援型プリクラッシュセーフティのほか、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームをセットにした先進安全システムが、今回のマイナーチェンジでは追加設定されました。

そのほか、廉価グレードの「L」を除いて、買い物フックを運転席・リヤ席のシートバックに追加したほか、ボディカラーに、シャイニーデコレーション専用色として、新色のパープルメタリックが設定されています。

メーカー希望小売価格は、176万1382円〜210万109円。福祉車両のウエルキャブや、 スポーツコンバージョン車「G’s」についても、同様の安全性、利便性アップを実施しています。

(一部撮影・文 山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ