【東京モーターショー15・ベスト3】個人的ナンバーワンはまさに浪花節のスポーツカー

コラム Clicccar

個人的にはですね、テーマは「自動化」と「電動化」だったと思うわけです。2015年の東京モーターショーは。

「自動化」っていうのはもちろん自動運転のこと。

モーターショー開催の直前にトヨタが自動運転のデモを公開して話題になり、まるでそれに引っ張られたかのように(ということがあるわけなく実際にはだいぶ前から計画していたのですが)国産メーカー各社が自動運転のコンセプトカーを出展したり、プレスカンファレンスで自動運転車の市販化に言及したりと、一気に自動運転が近づいてきた印象を受けたのはボクだけじゃないでしょう。

「自動運転と言っても、現実的なレベルは寝ていれば目的に着くという水準じゃないよ!」というのは正論だけど、ここではいいっこなしで。

もうひとつの「電動化」とは、もちろんモーター駆動のこと。

とはいえ電気自動車(ピュアEV)だけでなく、モーターを駆動力に使うハイブリッドカーも含まれます。

たとえば輸入車ブース。BMWもアウディも、そしてフォルクス―ワーゲンも、前回の東京モーターショーと違ってハイブリッドカーがいっぱい並べてあったでしょ? 国産勢はもちろん、欧州勢も急激に電動化しているってことなんですよ。ベンツはあんまりなかった気もしますが、まあそれはそれ。

というわけで個人的ベストカーは、ジャーン!


MAZDA RX-VISION

えっ、このクルマは自動運転じゃない? モーターだって積んでいない?

……はいそうですが、それが何か?

なんかいいですよね、こういうの。マツダのみんなが「こういうの作りたいよね。どうですかみなさん?」と言って提案し、それを見たクルマ好きが「やっぱこういうのいいよね。カッコイイ。欲しいなー」といって目をキラキラ輝かせながら賛同する。 モーターショーの正しい楽しみ方じゃないですか。

そして積んでいる(と想定している)のは、泣く子も黙るロータリーエンジンですよ。モーターは積んでなくたっていいんです、これはモーターのようなフィーリングですから(笑)

現実的な話をすれば、RX-VISIONはこのままの姿で市販するわけでもないし、そもそもロータリーエンジンの市販化にはまだまだ解決しないといけない問題が残っています。だけど「ロータリーを忘れてないからね。本当はやりたくて仕方がないんだよ」というマツダからのメッセージはしっかり受け取りましたよ。マツダにとってロータリーは意地なんです(きっと)。そして涙なしには語れないロマンなんです。

というわけで絶対に市販してください、マツダのみなさん。よろしくお願いします。そしてこのクルマの市販を待ち望む人は、アテンザでもロードスターでも、もちろんデミオでもいいからマツダ車を買って、友人にも買わせてマツダを儲けさせましょう。そうすれば市販に一歩近づくってもんです。

それでは第2位いきましょう……


NISSAN CONCEPT 2020 GRAN TURISMO

なんなのでしょう、このカッコよさ。今回の東京モーターショーがワールドプレミアでもないし、ゲームの中を走らせるためにデザインした絵に描いた餅的なクルマだし、もちろん自動運転でもモーター付でもない。そんなことはわかってます。だからどうしたっていうんですか? 見てください、この存在感。まるで日産の作ったスーパーカー。MID-4の再来みたいじゃないですか。

個人的には、存在感があってカッコよければそれだけで高ポイントです。ちなみにこのクルマ、風洞シミュレーションはしっかりとやっているそうで、空力的にはかなり優秀なんだとか。

そして「『GT-R』とは関係ない」のだそうですが、ヘッドライトとか、Cピラーの形状とか、テールランプはしっかりとGT-Rしてますよね。まさか次期GT-Rはこんなデザイン

そして第3位は……

スズキ・ソリオハイブリッド

やっときました電動化。ソリオのハイブリッドモデルです。でもちょっと混乱しそうなんですが、この『ソリオハイブリッド』はいま売っている『ソリオハイブリッド』とは違うんです。

販売中のソリオハイブリッドはごくわずかな力でしかモーターアシストしないのですが、モーターショーでシレッと展示してあったのは力強いモーターを積んだ本格派。いわゆる「ストロングハイブリッド」なんです。

凄いのがそのメカニズム。とってもシンプルなんですよ。ギヤボックスは既存のもので、トランスミッションとファイナルの間にモーターを組み合わせるというアイデア。これならクラッチを切ってモーターで効率よく走ることもできるし、既存のものを上手に活用しているからコストだって抑えられる(はず)。

駆動ロスが少ないから、かなりの燃費アップも期待できるんだそうで。なんか質実剛健かつアイデア溢れるスズキらしいクルマに仕上がっちゃっていたりするんです。

唯一の問題点は『ソリオハイブリッド』と書いたときに、従来のSエネチャージタイプなのかモーター走行できるタイプかまったく区別ができないこと。そこんとこ、正式発表までにはしっかり解決してくれるんでしょうかねスズキのみなさん(笑)

というわけで、ロータリーにはじまりソリオに終わった個人的トップ3。モーターショーはワクワクできてナンボですからね。

さて、それでは番外編にいきましょう。

番外注目モデルは……

三菱ふそう SUPER GREAT V “SPIDER”

何が凄いかって? その見た目に決まっているじゃないですか。バケットやツメやドリル(どれも正式名称は分からないのですが)のアームを合計4本装着し、加えて地面へ接地するアームが左右で4本。合計8本足で「スパイダー(蜘蛛)」というわけです。

この見た目のインパクトはなんとも強烈。あまりにも強烈すぎて、夢にまで出てきちゃったくらいですから。ちなみに4本の作業用アーム、ぜんぶ動かすことができるそうです。ただし同時に動かせるのは2本まで。

なぜなら……本当は内緒ですがこっそり教えちゃうと、「油圧が足りなくなるから」だそうで。まあ、実際はこんなに欲張りな架装はしないそうですけどね。

(工藤貴宏)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ