スーパー耐久最終戦・鈴鹿でディーゼルデミオが表彰台!

コラム Clicccar

10月24、25日に鈴鹿サーキットで開催されたスーパー耐久最終戦。

様々なクラスが入り乱れて繰り広げられるこのスーパー耐久のST-5クラスに参戦する日本初のクリーンディーゼルレーシングマシン、TEAM NOPROのデミオSKYACTIVE-D「DXLアラゴスタNOPROデミオSKY-D」。

このデミオディーゼルが、ガソリン車の強豪ライバルを押しのけて、一時はトップに!そして最終的に3位でチェッカーを受けて表彰台へと登ったのです。

開幕当初はライバルからラップタイムで10秒以上離され、勝負権など無いのではないかと言われてきたディーゼルデミオ。

しかし地道な軽量化とセッティングの見直しを進めていくにつれ徐々に、本当に徐々に実力を上げて行ったのです。その軽量化の一環として樹脂製のオリジナルボンネットも開発、こちらはすでに市販もされています。

スーパー耐久の後半戦、第4戦オートポリスから速さにも成長が見られ、第5戦岡山ではヘビーウェットコンディションながらライバルたちをごぼう抜きにするシーンも見せてくれました。

そして、今年の集大成とも言える成果を実らせるため、鈴鹿戦に挑んだTEAM NOPROとディーゼルデミオ。

予選は初めて最下位脱却の6位。上位チームの一台が予選中のトラブルでリタイアしたためにグリッドはST-5クラスの5番グリッドとなり、後ろには同じクラスが一台とST-4クラスの予選落ち車が嘆願書により予選通過したために最後尾スタートとなる一台の2台がいるはずでした。

しかし、決勝当日のグリッドには、後方に誰もいません。

決勝日の朝までにディーゼルデミオの後方に位置するはずだった2チームが相次いでリタイア届けを提出したために、不本意ながら最後尾となってしまったディーゼルデミオ。なんと今シーズン全て最後尾スタートという、非常にレアな状況となったのです。

しかし、決勝が始まると、ロケットスタートを決めた谷川選手が初盤でフィット||勢を2台抜き3位にジャンプアップ、その後立て続けにセイフティーカーが入り、そのタイミングでドライバー交替のピットイン。燃費に優れるディーゼルデミオは、このときは無給油でピットアウトしストップ時間の短縮に成功。順位キープのまま復帰します。

野上達也選手は順位を落とさない走りの期待に応え安定ペースを維持します。その間ピットタイミングで2位に浮上。再び谷川選手につなぐことに成功します。

谷川選手とディーゼルデミオは一時トップに立つなど素晴らしい健闘を見せました。燃費と速さのバランスが絶妙なところまで来ていたようです。しかし、最後のピットインを終えたフィット勢の猛追は凄まじいもので、ライバルの69号車からは1周差、そしてラスト2周で2号車にも抜かれてしまいます。

しかし、デミオディーゼルが表彰台に上がれるという瞬間。チェッカーを待つチームスタッフはフェンスを飛び越えんばかりの興奮に包まれ谷川選手とディーゼルデミオを迎えました。

人から見れば馬鹿げているといわれるかもしれないクリーンディーゼルによるスーパー耐久チャレンジ。TEAM NOPROとデミオSKYACTIV-D「DXLアラゴスタNOPROデミオSKY-D」はそんなチャレンジに表彰台という結果を残しました。

今回の鈴鹿戦を俯瞰してみると、もう少し熟成を積めば優勝も視野に入るのではないかと考えてしまいます。これは来年度のお楽しみ、といえるかもしれません。

(写真・文:松永和浩)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ