【東京モーターショー2015】グッドイヤー、既成概念を吹き飛ばす2つのコンセプト

コラム Clicccar

グッドイヤーは「東京モーターショー2015」で、発電タイヤ「BH-03」と、変形するモーフィングタイヤ「Triple Tube」という、既成概念を吹き飛ばす2つのコンセプトを公開しました。

(画像は日本グッドイヤー提供)

まず発電タイヤ「BH-03」は、熱電素材と圧電素材の働きでタイヤの熱や圧力から発電するというコンセプトです。

走行時には熱とたわみの圧力を電気に変換し、静止時には太陽光の熱を吸収して電気に変換します。

発電された電気はハイブリット車バッテリーや電気自動車バッテリーへの充電に利用することができます。今後ますます電動化が拡大するので、このアイデアが実現すれば効果が大きいでしょう。

次に、変形するモーフィング・タイヤ「Triple Tube」はタイヤの内部に3つのチューブを設けて、各チューブの圧力を調整することでタイヤのプロファイルを変形させるというコンセプトです。

モーフィングとは、ある形状から別の形状へ徐々に変形させる画像処理上の技術用語で、路面の状態に応じてタイヤの形状を変えることができるという特徴に基づいて名付けられています。

この「Triple Tube」の変形機能を説明すると、エコ・セーフティ・ポジションでは、3つのチューブの圧力を均一にして、転がり抵抗を低減するとともに、ドライ・ブレーキング性能を向上させることができます。

次にスポーティ・ポジションでは、3つのチューブを段階的に円錐状に変形させて、路面との接地面を最大にしてドライハンドリング性能を向上させることができます。

一方、ウエット・セーフティ・ポジションでは、トレッド中央のチューブを膨らませて、タイヤの接地面を狭幅・大径形状に変形させて、ハイドロプレーニングを防止することができます。

今回グッドイヤーが展示した発電タイヤとモーフイングタイヤという2つのコンセプトは、近未来のタイヤの可能性を拡げるもので、同社の積極的な姿勢が印象的でした。

(山内 博)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ