薬がなくても大丈夫!? まずは試したいクルマ酔いの対処法

コラム Clicccar

ドライブで心配なことと言えば、クルマ酔い。「薬を飲み忘れた」「薬持ってくるの忘れた」なんて経験をしたことある人もいるのではないでしょうか。

今回は薬がなくても、クルマ酔いを乗り切る方法を紹介していきます。

■サングラスをかける

クルマ酔いになったら景色を見るといいと言われています。ですが、人によっては逆効果だったりするかもしれません。実はクルマから見る景色は、普段より移動が早く感じます。それが酔いの原因になることも…。サングラスをかけると、目から入る刺激を抑えることができるため、酔いの原因を防ぐことができると言われています。

■酔いにくい食べ物を食べる

チョコレートなどの甘いお菓子は血糖値を上げてくれます。血糖値が上がると脳が目覚めやすくなるので、酔いを防ぎやすいと言われています。また、梅干のような食べるときに唾液が出やすい物もオススメです。唾液は三半規管のバランスを調整してくれる働きを持っています。

■窓を開けて新鮮な空気を吸う

車内のにおいでクルマ酔いをすることは珍しくありません。「クルマの中のにおいが苦手」「あの独特なにおいが耐えられない」なんて人もいると思います。そんなときは窓を開けて外の空気を吸いましょう。外の空気を吸うだけで、気分が一気に変わります。

■親指の第1関節を噛む

痛いという刺激は脳に1番早く伝わると言われています。「酔ったかもしれない」と感じたときは、すぐさまこの行動を実践してみましょう。痛いという刺激が、酔いの感覚を上回る可能性が高いです。

■服装はゆったりめ

身体を圧迫するような服装は、クルマ酔いを引き起こす原因の1つです。特にお腹部分の締めつけには要注意。ベルトを緩めたり、シートベルトを締めすぎないようにと、リラックスできる体勢にしましょう。服装もぴっちりしているものよりかは、少し余裕がある服装のほうがオススメです。

クルマ酔いは事前に防ぐこともできます。クルマ酔いが気になる人は、これらのことを覚えておいて損はないですよ。

(鈴木 唯)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ