新型プリウスの「Toyota Safety Sense P」の実力は?

コラム Clicccar

新型プリウスに搭載されている「Toyota Safety Sense P」は、フロントウインドウ上部に設置されている単眼カメラとフロントグリルのトヨタ・エンブレムの裏に仕込まれているミリ波レーダーの組み合わせで歩行者検知まで行うもの。

カローラまでのコンパクトカー向け「Toyota Safety Sense S」は、単眼カメラとレーザーレーダーの組み合わせで歩行者検知はされませんが、プリウスなどの中型車向け「Toyota Safety Sense P」は、先述したように歩行者の認識が可能になっています。

4つの先進安全機能をパッケージ化した「Toyota Safety Sense P」は、プリクラッシュセーフティ、レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御、ふらつき警報機能付)、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)、オートマチックハイビームを用意。

プリクラッシュセーフティは、歩行者に対しては約10〜80km/hの速度域で作動し、歩行者との速度差が30km/hの場合には衝突を回避、もしくは被害の軽減を図るというもの。

対車両では、約10km/hから作動。たとえば、停止しているクルマに対して自車の速度が40km/hの場合は、衝突の回避もしくは被害の軽減を図ります。

レーンディパーチャーアラートは、道路上の白線もしくは黄色線を単眼カメラで認識し、ウインカー操作を伴わずに車線を逸脱しそうになると、警告音とディスプレイ表示で知らせるもので、さらに電動パワステを制御することで車線内に戻すサポート機能も搭載されています。

また、車両のふらつきを検知すると、ブザーとディスプレイ表示により休憩を促す機能も用意。

レーダークルーズコントロールは0〜約100km/hで作動し、先行車が停止すると停止を維持し、アクセルかスイッチ操作で追従走行を再開するもの。

オートマチックハイビームは、自動でハイビームとロービームを切り替えるシステムで、切り替え忘れを防ぐだけでなく、手動による操作の煩わしさを解放し、とくに郊外などで効果を発揮します。

今回は、専用コースでプリクラッシュセーフティを、外周路でレーンディパーチャーアラートも試しましたが、前者はほかのシステムと同様のオーソドックスといえるフィーリング。

後者は自動運転のような過度な制御ではないものの、車線逸脱を抑制するパワステの制御は確かに感じられるもので、安全性だけでなくロングドライブ時の安心感も高めてくれそうです。

(文/塚田勝弘 写真/冨士井 明史)

【関連記事】

■新型プリウス(プロトタイプ)に徹底試乗! 気になる完成度は?
http://clicccar.com/2015/11/17/339689/

■新型プリウスのサイズと視界、広さは?
http://clicccar.com/2015/11/17/339718/

■内装の質感向上は実現できたか? ー トヨタ・プリウス画像ギャラリー
http://clicccar.com/2015/11/17/339753/

■先進的なスタイリングを際立たせる新色6色を設定 ー トヨタ・プリウス画像ギャラリー
http://clicccar.com/2015/11/17/339744/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ