ホンダの二輪モータースポーツ計画発表。チャンプ獲得を目指す

コラム Clicccar

2015年シーズンの「FIMトライアル世界選手権シリーズ」においてトニー・ボウが9連覇を達成したほか、「FIMモトクロス世界選手権シリーズ(MXGP) MX2クラス」のティム・ガイザーと「FIMロードレース世界選手権シリーズ(MotoGP) Moto3クラス」のダニー・ケントが初タイトルを獲得したホンダの二輪モータースポーツ。

はやくも2016年シーズンの体制が発表されました。

二輪サーキットレースの最高峰といえるMotoGPは、従来通りチーム、マシン、ライダーともにワークス体制で臨みます。

ワークスチーム名は「レプソル・ホンダ・チーム」で、マシンは2016年型RC213V。ワークス契約(HRC)しているライダーは、レプソル・ホンダのマルク・マルケス選手、ダニ・ペドロサ選手、そしてマーク・ブイ・ディー・エス・レーシングチームからエントリーするジャック・ミラー選手の3名となっています。

Moto3クラスは2016年型NSF250RWを、11名のライダーが乗る計画となっています。

10年連続コンストラクターズタイトルと、9年連続個人タイトルをホンダ勢が獲得しているFIMトライアル世界選手権にも、レプソル・ホンダ・チームとしてワークス参戦。

マシンはCOTA4RTで、トニー・ボウ選手、ハイメ・ブスト選手、そして「フジガス」の愛称でファンの多い藤波貴久選手の3名がワークス契約ライダーとなっています。

そのほか、世界選手権のワークス活動としてはチームHRCとして、モトクロス世界選手権のMXGPクラスに最新のワークスマシンCRF450RWを3名のライダーに提供するほか、HRC契約ライダーの山本鯨選手がCRF450Rで参戦します。AMAスーパークロス世界選手権もチームHRCが2名のライダーと戦います。

さらに、チームHRCとしてワークス参戦4年目となるダカール・ラリーは、昨年2位のパウロ・ゴンサルヴェス選手をはじめライダー5名体制。1988年以来となるタイトルを目指しているということです。

※画像は過去のシーズンに撮られたものです

(山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ