ミラノショーでスズキがMotoGP直系の直4スポーツを世界初公開

コラム Clicccar

2015年11月17日にイタリア・ミラノで開幕した二輪のモーターショー「EICMA2015(ミラノショー)」において、スズキはスーパースポーツのコンセプトモデルと海外向けのVツインエンジンを積んだニューモデルを世界初公開しています。

コンセプトモデルの名前は「GSX-R1000」。

保安部品の確認できるエクステリアからも、市販目前のスーパースポーツを示すコンセプトモデルといえそうです。

エンジンは、MotoGPでの経験を活かし、『ブロードパワーシステム』を採用した新開発の1000cc直列4気筒。四輪ではおなじみとなった吸気VVT(可変バルブタイミング機構)や、スズキの二輪車として初めて電子スロットルを採用するなどしています。

また、モード選択可能なトラクションコントロール、鋭いスタートダッシュを実現するローンチコントロールといった電子制御も搭載しているということです。

もう一台は、新排ガス規制・ユーロ4をクリアしたモデルとして登場する645ccのVツインエンジンを積んだロードスポーツモデル「SV650」です。

既存のVツインエンジンモデル「グラディウス」に対して8kgも軽量化したということで取り回し性の向上も期待できますが、さらに市街地のストップ・アンド・ゴーを考慮してエンジン回転数をわずかにあげる「ローRPMアシスト」も採用しています。

欧州や北米で販売するという「SV650」ですが、愛知県の豊川工場にて生産するという国産モデルであることもアピールされています。

(山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ