クルマの機能もWEBで買える時代!? 「BMWコネクテッド・ドライブ・ストア」

コラム Clicccar

i8をAmazonで販売するなど、従来にない話題作りにも余念のないBMW。

今度はBMWのテレマティクス・サービス「BMWコネクテッド・ドライブ」のサービスをウェブ上から購入できる「BMWコネクテッド・ドライブ・ストア」を11月24日にスタートさせます。

「BMWコネクテッド・ドライブ」は、オーナーならお馴染みだと思いますが、車載通信モジュールを活用した車載インフォテイメントシステム。

今回の「BMWコネクテッド・ドライブ・ストア」の導入により、コールセンターのオペレーターがドライバーの代わりにナビゲーションの目的地を検索・設定を行ってくれる「BMWドライバー・サポート・デスク」や、スマホで車両の遠隔操作が可能な「BMWリモート・サービス」、車内で様々なオンライン情報の閲覧・ 検索が可能な「BMWコネクテッド・ドライブ・サービス」などの有料(オプション)のサービスが新車購入後や中古車両でもニーズに合わせて追加(購入)できるようになったわけです。

さらに、今回の「BMWコネクテッド・ドライブ・ストア」では、専用のポータルサイトでの購入に加えて、車両のコントロール・ディスプレイ上から直接購入し、すぐにサービスを利用できる日本発の革新的な仕組みも導入されるそうです。

気になる価格ですが無期限で利用できる「コネクテッド・ドライブ・サービス(BMW Apps、BMWオンラインを含む)」は4万4000円、「BMWリモート・サービス(無期限)」が7000円、「BMWドライバー・サポート・デスク」は3年利用が3万2000円、1年利用が1万3000円、「BMWオンライン(更新用)」は3年利用が1万3000円、1年利用が6000円となっています。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ