レクサスRXが発売から1か月強で、月販目標の18倍の約9000台を受注

コラム Clicccar

初期受注は当然目標よりも何倍も高くないと、モデルライフを通して計画(目標)をクリアしていくことは難しいでしょう。

とはいえ、6年以上を経てフルモデルチェンジを受けたレクサスRXの月間目標台数の500台が「低すぎる目標」なのか、10月22日の発売から約1か月の11月24日時点で、約9000台を受注したそうです。

低すぎる目標かどうかはモデルライフの最後で分かることだと思いますが、先代やライバルの動向を熟慮して決められているはずで、これからの推移も注目です。

弟分のレクサスNXが登場し、高級SUVとして存在感を高められる環境がより整ったRXですが、ガソリン車(2.0L直噴ターボ)とハイブリッド(3.5L V6+モーター)の内訳は、前者が約3000台、後者が約6000台で、ハイブリッドが人気。

なお、レクサスNXは発売から約1か月で約14倍となる約9500台(月間目標台数は700台)で、2.0L直噴ターボのガソリンとハイブリッドは半々というスタートでした。

そして、今回発売から1か月が過ぎたレクサスRXの主な好評点は下記のとおりです。

・堂々とした力強さと知的な大人の色気を兼ね備えたエクステリアと、上質感と先進性が融合したインテリア

・快適性とドライバーの意図に素直に呼応する優れた応答性が両立した走行性能

・クラストップレベルの低燃費(JC08モード走行燃費18.8km/L)と高出力を兼ね備えたハイブリッドシステム

・先進の予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」の設定による高い安全性能

力強さを増したエクステリアや走り、燃費、そして安全装備の充実などが評価されているレクサスRX。同クラスの高級SUVは輸入車との争いにもなっていますが、まず出だしは上々といったところでしょう。

(塚田勝弘)

【関連記事】

■新型レクサスRXに満載のレクサス初装備を一挙紹介

http://clicccar.com/2015/11/03/334820/

■新型レクサスRXは、先代RXからどれだけ進化したか?

http://clicccar.com/2015/10/23/334728/

■レクサスRXがフルモデルチェンジ! 2.0L直噴ターボを新設定して価格は495万円〜

http://clicccar.com/2015/10/23/334691/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ