高級SUVとしてどう評価するか ─ ランドクルーザー・プラド画像ギャラリー

コラム Clicccar

今夏、クリーンディーゼルエンジンモデルが追加されたトヨタのランドクルーザー・プラド。

現行の150系は2009年9月の発売ですから6年以上経っているわけで、さすがに古さは隠せませんが、今回の一部改良により好評というLEDヘッドランプをディーゼル車(TZ-G、TX Lパッケージ)に標準装備するとともに、新色のレッドマイカメタリックを含む全10色を設定するなど、ボディカラーも一部変更されています。

さて、試乗車のクリーンディーゼルエンジン「TZ-G」の価格は513万3927円ですが、有償色のホワイトパールクリスタルシャイン(3万2400円)、マルチテレインセレクト+クルーズコントロール+電動リヤデフロック(11万8800円)、プリクラッシュセーフティ+レーダークルーズコントロール(15万1200円)、チルト&電動スライドムーンルーフ(10万8000円)、クールボックス(5万9400円)、T-Connect SDナビ+マルチテレインモニター+NAVI・AV&リヤ電子制御エアサスペンション(58万4280円!)といった「全部のせ」? のオプション満載状態。

総額113万4000円ものオプションが加算され、626万7927円というオプション込み価格は立派な高級SUVといえるものです。

デビューから6年も経っていますから、クロカン系でマッド&スノーというタイヤ(ミシュラン・ラティチュード)も考えると、乗り心地の洗練度や静粛性は妥当なところ。最新モデルの基準からはやや劣る面もありますが、それでも上質といえる快適性は確保されています。

また、内装の仕立ても少し古い感じもしますが、デビューを考えれば納得できるはずで、トヨタらしい隙のない仕上がりになっていますし、手動、電動を問わずサードシートの格納のしやすさなど、荷室の使い勝手もよく考えられていますし、ガラスハッチなど狭い場所での積載性なども考慮されています。

カラーや素材、デザインなどは好みが分かれるところですが、個人的にはデビューから年数が経っている古参モデルとはいえ、価格(とくにフルオプション状態だと)に見合うかは正直厳しいかなと感じました。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久)

【関連記事】

■トヨタ・ランドクルーザー・プラドのディーゼルエンジンの実燃費は?
http://clicccar.com/2015/11/22/340623/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ