【動画】ボルボとマイクロソフトの提案。クルマは3Dホログラムで体感して買う時代?

コラム Clicccar

これまでクルマを買おうとするときは、ネットで情報を集め、ディーラー(販売店)でカタログを見たり、ショールームで実車を眺たりして、試乗して確かめる……といった手順をとっていたかもしれませんが、これからはディーラーでの体験が新しくなるかもしれません。

ボルボ・カーズとマイクロソフト社が、世界初のアイウェア型ホログラフィックコンピュータ「HoloLens」(ホロレンズ)を活用した、将来のクルマの選び方や買い方を一変させる提案のムービーを公開しています。

この3Dホログラムによるシステムを利用すれば、仮にショールームに実車がなくても、まるで目の前にクルマがあって、なおかつ自由自在な視点から確認できるのです。

しかも、メカニズムが気になるユーザーであれば、その中身を透視するように見ることができるというのもユニークかつ、実車では不可能な未来的な提案です。先進安全技術なども3Dホログラムの映像によって、わかりやすくなっているというのもアピールポイントといえるでしょう。

また、この「HoloLenz」は購入プロセスを一変させるだけでなく、積極的に製造現場に投入することで、品質レベルをアップさせることも期待されているのです。

そうした近未来像を示す約2分半のムービーも公開されています。

動画を見るにはこちら

(山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ