ダイハツ・キャスト アクティバは上質な乗り味と静粛性の高さが魅力

コラム Clicccar

ボディサイズや排気量に規格(上限)があり、自主規制値の最高出力などの縛りがある軽自動車。車両価格も常識といえる上限もあると考えると「どの軽も同じじゃない?」と思うのも無理はないでしょう。

しかし、制約があるからこそ工夫や努力も生まれるわけで、新型モデルとなれば進化や改善の跡がうかがえるわけです。

今回紹介するダイハツ・キャスト(アクティバ)は、乗る前の予想を裏切る乗り心地の良さ、静かな車内にかなり驚かされました。

見た目がスズキ・ハスラーと似た雰囲気やコンセプトに感じるのも理解できますが、アクティバはテリオスキッドの後継と考えると、対抗馬ではあってもライバル潰しの単なる対抗策ではないと思われます。

さて、キャスト・アクティバのターボ仕様に街中から乗ってみると、乗り味や静粛性の高さを実感できます。速度の乗る首都高速や郊外路では各種ノイズは高まりますが、軽自動車としてはトップクラスの乗り心地や静かさを披露。

巧みに衝撃を減衰してくれるダンパーなど足まわりの良さはもちろん、ステアリングに新技術が搭載されています。パッド取付部にゴム材を採用することで、ダンパーとしての役割を担わせ、振動を吸収させているそう。

軽自動車で安っぽく感じてしまうのが、パワートレーン由来の騒音やロードノイズなどの音関係ですが、遮音材や吸音材を使えばコストと重量が跳ね上がるため、使いたくても限界があります。

それでもダイハツ・キャスト・アクティバは、最近の軽自動車の中でもエンジンやCVTから起因すると思われる騒音もよく遮断されています。

ダイハツの資料によると、キャスト・アクティバの会話明瞭度は、ダイハツの顔といえるムーヴと遜色なく、コンパクトカー(登録車)に迫る数値だそう。社内資料とはいえ、あながち誇張ではないのは街乗りだけでなく、首都高速で流れに乗って走っていた際も十分に確認できました。

クロスオーバー系の軽自動車は、本格派のスズキ・ジムニーをのぞくと、ハスラーかキャスト・アクティバという選択肢になりますが、上質さという面では後から出たキャスト・アクティバが上回っています。

(文/写真 塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ