日産デイズ・ルークスの特別仕様車「Vセレクション」は快適装備が充実

コラム Clicccar

軽自動車の中でスーパーハイトワゴンと呼ばれるクラスに分類される日産デイズ・ルークス。

ライバルは同じNMKVによる三菱eKスペース・カスタムのほか、2015年の上半期でナンバーワンになり、2015年全体でも1位が確実なホンダN-BOX(N-BOX+)、人気のダイハツ・タント、スズキ・スペーシアなどがあります。

 

日産デイズ・ルークスは、同車の大きな魅力である広さや、便利なオートスライドドアによる使い勝手はもちろん、「エマージェンシーブレーキ」搭載車は平成26年度自動車アセスメント(JNCAP)の予防安全性能評価で先進安全車「ASV」を獲得するなど、同社、最新の安全技術が搭載されています。

12月3日に発売された日産デイズ・ルークスの特別仕様車「Vセレクション」は、量販グレードの「X」、「ハイウェイスターX」がベースで、両側リモコンオートスライドドアや赤外線(IR)によるジリジリ感を抑制するIRカットガラス、アルミホイールなどといった機能、装備を用意。

カタログモデルのボディカラーに加えて、鮮やかさと深みを持つ爽やかな「オーシャンブルー」の2トーンを設定し、クールな印象のボディカラーが充実しています。

「X Vセレクション」にはオーシャンブルーのボディにホワイトパールのルーフを、「ハイウェイスターX Vセレクション」には、オーシャンブルーのボディにブラックのルーフを組み合わせ、カラーバリエーションは全16種類も用意。

価格は「X Vセレクション」のFFが149万9040円、4WDが162万円、「ハイウェイスター X V セレクション」のFFが168万2640円、4WDが180万4680円です。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ