シトロエンのカジュアルEV「メアリ」は30kWhの電池搭載で2016年春に発売

コラム Clicccar

シトロエンから、1968年に登場したロングセラーモデル「メアリ」の名前が復活します。

今度のメアリは電気自動車。しかし、4シーターオープンで、ロードクリアランスの余裕を感じさせるスタイルというカジュアルさは健在で、車名は電気自動車をアピールする「E-メアリ」となっています。

まるで、コンセプトカーのようなルックスにも見えますが、れっきとした市販予定車。ボディカラーはブルー、オレンジ、イエロー、ベージュの4色が用意され、ルーフカラーはブラックとオレンジレッドになるということです。

100%電気自動車の「E-メアリ」のバッテリーは、安全性の高いBolloré社の金属リチウムポリマー電池(LMP)を採用しているのが特徴。その総電力量は30kWhということです。

最高速度は時速110kmで、充電時間は10Aで13時間、15Aで8時間。満充電からの航続距離は市街地を想定したアーバンサイクルで200kmとアナウンスされています。

フランス国内において、2016年春から発売開始予定の「E-アメリ」。現在、パリで開催されているCOP21(気候変動枠組条約第21回締約国会議)に合わせて、パリのPSA本社にて世界初公開されまる予定となっています。

観光地などでの人の移動を主としたレジャービークルというキャラクターから航続距離をそれほど求められないとも考えられる「E-メアリ」。電気自動車の特徴をいかしたニューモデルの提案ともいえそうです。

●シトロエンE-アメリ 主要スペック
全長:3.81m
全幅:1.87m
全高:1.65m
最高出力:50kW
定格出力:35kW
バッテリー総電力量:30kWh
最高速度:110km/h
航続可能距離:200km(アーバンサイクル)/100km(エキストラアーバンサイクル)

(山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ