エスクードのスポーティな走りを支える欧州仕込みの足回りと新4WDシステムに注目

コラム Clicccar

コンパクトSUV、スズキエスクード4WD車を公道で試乗しましたのでインプレッションを紹介します。

皆さんの中にはエクスードもいよいよ、クロスオーバーSUVになってしまったのか…と嘆いている方もいらっしゃるかもしれませんが、安心してください。本格オフローダーとして2005年に登場したエスクードはエスクード2.4と名称を変更して継続販売されています。

縦置きに搭載した2.4L直4DOHCエンジン+5MTもしくは4ATのパワートレイン。ラダーフレームを一体化したモノコックボディ。そしてパワフルな走破力を生むセンターデフ式4WDの採用と本格クロカン4WDの王道を歩むエスクード2.4のスペックは不変です。

今回新たに登場したエスクードは、SX4 S-CROSSと同様にハンガリーにあるマジャールスズキで生産され、日本に輸入されている輸入車となっています。エスクード2.4に通じる直線的なスズキ伝統のSUVスタイルを採用し、欧州で徹底的に走り込まれた足回りを特徴とする日欧合作の新型エスクードは一体どれほどの実力をもっているのでしょうか。

外観デザインは直線を多用し、インテリアはメーター類やエアコンの吹き出し口、時計に円を多用しているところもエスクード2.4に通じる部分があります。黒を基調としたインテリアはシルバーをアクセントに使い、シンプルながらスポーティさを強調しています。

本革&スエードを使用したコンビシートを採用し、バケットタイプとなっているため、体をしっかりと支えてくれるので、ロングドライブでも疲れづらい印象を受けます。そして4WD車には運転席、助手席に2段階の温度調節ができるシートヒーターが標準装備となっています。

エスクードのボディサイズは全長4175mm×全幅1775mm×1610mmで、最少回転半径は5.2mと取り回しのしやすいサイズです。またアイポイントが高いので、前方視界が広くどんな方にも非常に運転しやすいのが特徴です。

 
気になる走りですが、非常に軽快な走りが特徴です。搭載されているエンジンは最高出力86kW(117ps)の1.6L直4DOHCでミッションは6速ATが組み合わされますが、数値の馬力以上にパワフルで、インプレションを行った箱根の急坂でもグイグイと上っていきます。

新世代4WDシステム「ALL GRIP」をAUTOモードからスポーツモードに切り替えると、積極的に4WDによる走行を行い、直進加速やコーナリング性能を高めてくれます。オートモードと同じアクセル量の踏み込みでもより力強いトルクを発生しますので、ストレスと感じることはありません。

また、欧州仕込みのサスペンションの味付けは、SUVとは思えないコーナリング性能を実現しています。

アンジュレーションが多い路面状況でもしっかりと路面を捉えてくれつつ、コーナリング時のロール量も抑えてくれるので、安心してアクセルを踏むことができます。エスクードのコーナリング性能はSUVの中ではかなり高レベルだと思います。

安全装備の充実もエスクードの特徴でしょう。新世代4WDシステムの「ALLGRIP」をはじめ、ミリ波レーダー方式の衝突被害軽減ブレーキシステム「レーダーブレーキサポートII」、そして時速40〜100kmの間で先行車との車間距離を保ちながら、走行するアダプティブクルーズコントロールを標準装備するなど、安全装備の充実ぶりはコンパクトSUVクラスの中ではトップレベルです。

欧州仕込みの安定感の高い走行性能と充実した安全装備でコンパクトSUVカテゴリーに登場した新型エスクード。車両本体価格は212万7600円〜234万3600円で、かなりコストパフォーマンスの高いモデルとなっています。

(萩原文博)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ