ハイブリッド車の改良が待ち遠しくなるほど走りの質感が向上したXVのガソリン車

コラム Clicccar

テストコースで行ったスバルXVガソリン車のプロトタイプによるインプレッションはすでに紹介しましたが、今回は市販モデルによる公道インプレッションを紹介しましょう。

コンパクトSUVのXVは2015年10月に大幅改良を行いました。今回の大幅改良はエクステリアやインテリアなどが中心で、サスペンションなどの改良は2014年に行われています。路面のキレイなテストコースでの試乗は静粛性の向上やしっかりとした乗り心地を実感しましたが、公道では一体どうなのでしょうか。

試乗車は最上級モデルの2.0i-Lアイサイトです。今回の大幅改良で運転支援システム、アイサイトがガソリン車はバージョン3へと進化し、前方だけでなく車両の後方もレーダーで周辺状況を検知する「アドバンスドセイフティパッケージ」のオプション設定。そしてSRSサイドエアバッグ&SRSカーテンエアバッグの標準装備するなど安全装備はさらに充実しています。

試乗コースは富士五湖の西湖周辺で行いました。路面は荒れている部分もあり、一部オフロードも走行しました。サスペンションやステアリングシステムの最適化を行ったXVのテストにはうってつけといえるかもしれません。

サスペンションはショックアブソーバーやスプリングの最適化、メンバーの強化などが行われています。前期型のXVはややソフトな乗り味でしたが、改良後のモデルはかなりしっかりとした乗り味となりました。

ひと言でいえばスポーティとなるのですが、リアのスタビリティが向上しただけでなく、路面からの衝撃の吸収、そして揺れの収束の速さなどすべて向上しています。スポーティともいえますが、無駄な動きが減ったことで安心感が増したとも言えるでしょう。

ハンドリングもステアリングギアボックスのギア比が変更されたことで、キビキビとなりました。コーナリング時にステアリングを切り始めると、フロントは間髪入れず動き始めるため非常にシャープな印象を受けます。自分のハンドル操作に合わせて、リニアにクルマが動くので運転が上手くなったようにも感じます。

そして何より感じるのが静粛性の高さです。窓ガラスの厚みを増したり、吸音材の追加などが行われていますが、ハイブリッド車と同等の静粛性をXVのガソリン車も手に入れています。前期型ではややエンジン音の車内の進入が目立ちましたが、この点は見事に改善されており車内の会話や音楽の明瞭度はグッと向上し、質感の向上に繋がっています。

XVハイブリッドオーナーが大幅改良されたXVガソリン車に乗ると、ハイブリッド車との実力差が大きく縮まったと実感できるはずです。しかし現在エクステリアやインテリアを除けばアップデートはガソリン車が中心。次に行われるハイブリッド車のアップデートの期待が大きくなったとも言えるでしょう。

車両本体価格はガソリン車が228万9600円〜259万2000円、ハイブリッド車は257万400円〜286万2000円です。

(萩原文博)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ