シビックタイプRに公道試乗、最大ブーストは意外にも控えめ

コラム Clicccar

当初は280馬力をターゲットとしていたシビックタイプR用エンジンは、ライバルを圧倒すべく310馬力へと目標を高くし、そのためにゼロベースでの設計変更がなされたというほど、プライドをかけて作り上げられたパワーユニットです。

結果として、228kW(310PS)、400Nm(40.8kg-m)のスペックを実現したK20C型エンジンは、レスポンスを重視した小型シングルスクロールターボチャージャー、排気側のVTEC(可変バルブリフト機構)や吸排気のVTC(連続可変バルブタイミング機構)、多段噴射の直噴インジェクターといったメカニズムを採用しています。

現在、2.0リッター4気筒ターボクラスでの世界最高レベルといえば四駆のAMG A45に積まれるエンジンで、その最高出力は381PSにも達しています。FFとしては、そこまでのパワーは不要ということのようですが、じつはシビックタイプRのエンジンには、まだまだ伸び代が残されているという話もあります。

シビックタイプRのインパネ中央に置かれた「マルチインフォメーション・ディスプレイ」には、平均燃費、瞬間燃費、平均車速、経過時間、外気温、推定航続可能距離、時計、トリップメーター、オドメーターといった基本表示に加えて、『TYPE Rコンテンツ』として、Gメーター/ブレーキ圧計/アクセル開度計、ブースト圧計/水温計/油圧計/油温計、ラップタイム計測、0‐100km/hタイム計測、0‐400mタイム計測といった表示機能を持っています。

その機能を利用して、加速時にブースト圧計が表示する数値を確認した範囲でいえば、シビックタイプRの最大ブーストは120kPa(瞬間的にオーバーシュートで130kPa)となっていました。

2.0リッターターボでは市販状態でも150kPa程度まで達しているクルマがあることを考えると、シビックタイプRのブースト圧は、タイプRというイメージよりも控えめ。たしかに開発エンジニアが言うように、伸び代を残したエンジンといえそうです。

(写真・文 山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ