ミッドサイズ・セダンの「キャデラックCTS」にApple「CarPlay」を標準装備

コラム Clicccar

彫刻的なダイナミックな外観で個性を放つキャデラックCTS。ドイツや日本の同クラスのセダンにはない雰囲気が最大の魅力で、自動ブレーキや警告システム、レーンキープ・アシストをはじめ、ACC(全車速追従機能)も搭載されるなど、安全や快適装備もフルといえるほど充実しています。

すでに、日本向けのキャデラック、シボレーの全モデルにApple「CarPlay」を搭載するとアナウンスされていますが、2016年1月9日から発売されるキャデラックCTSセダン・プレミアムも例に漏れず「CarPlay」を標準装備。

キャデラックATSなどと同じように、「Siri」音声コマンドによる安全で充実したドライビングを実現するもので、対応アプリを車内の画面である「CUE(キャデラック・ユーザー・エクスペリエンス)」に直接表示し、「Siri」音声コマンドによる安全な操作が可能となるものです。

具体的には、ハンズフリーで運転に集中したまま電話をはじめ、ミュージックやメッセージなどのiPhone機能とオーディオブック、 PodcastなどのiPhoneアプリケーションの操作ができます。

さらに、Apple「CarPlay」対応の統合制御ナビゲーションシステム「CUE」は、VICS3メディア対応大容量(16GB)のSDナビゲーションや地上デジタルTVチューナーも内蔵。

ほかにも、ドライバーの運転操作をアシストする新機能「サラウンドビジョン」が搭載されています。同機能は、インパネの「CUE」の画面上で、車両の上方から見下ろしたような感覚で、駐車時の安全な操作をアシストする新採用のカメラシステムで、360度の映像によりバックでの駐車のほか、縦列駐車時のドライバーをサポートするものです。

ほかにもキャデラックATSと同様に、ATを進化させているのポイントです。ギヤ間のステップを小さくすることで最適なエンジン回転数を保ち、素早いギアチェンジと気持ちのいい加速を生み出すアイドリングストップ付の新型8ATを搭載。

エンジンは可変バルブタイミング付の2.0Lの直噴ターボで、最高出力は276ps、最大トルクは 400Nmを発揮。圧力1.26 barというブーストにより2.0Lターボでも一級の出力を実現。「キャデラックCTSセダン プレミアム」の価格は790万円という設定になっています。

(塚田勝弘)

【関連記事】

■日本向けの「キャデラックATS」にApple「CarPlay」を標準搭載
http://clicccar.com/2015/12/14/343730/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ