ディスカバリー・スポーツの2016年モデルが装備を充実させて登場

コラム Clicccar

先日、2015年モデルのディスカバリー・スポーツに乗る機会があったのですが、日本上陸時のプレス試乗会で確認できたように、このクラスのSUVの中では後心地も良好で、しかもハンドリングも十分に軽快。

その後に2016年モデルのイヴォーク(電子制御式減衰力可変ダンパーのマグネライド付)にも乗る機会があったのですが、兄弟車的な存在とはいえ、ディスカバリー・スポーツとイヴォークには足まわりのセッティングに差があるのでしょうか、マグネライドなしのディスカバリー・スポーツの方が若干マイルドな乗り味でストローク感も伝わってきました。

さて、話が少し脱線しました。今回紹介するのは、12月17日から受注を開始した2016年モデルのディスカバリー・スポーツ。

ボディカラーに新色の「ワイトモ・グレイ」が追加されたほか、同モデルのデザインを際立たせる「ダイナミックパック」を用意。

「ダイナミックパック」は「HSE」と「HSE Luxury」に設定され、パイピングやステッチが施されたインテリアをはじめ、「サテンダークグレイ・ホイール」、ブラックメッシュ・デザインのフロントグリル、バンパー、サイドベント、リヤバンパー、クローム・エグゾースト・フィニッシャー、「Sport」の赤色バッジなどの専用デザインや装備を採用されるものです。

また、ステアリング操作のみで車両を一定の速度(1.8km/h〜30km/h)で走行させる「オールテレイン・プログレス・コントロール・システム(ATPC)」がジャガーXEなどに続いて用意されています。

ほかにも、レンジローバーやレンジローバー・スポーツにも装備されている「ハンズフリー・パワー・テールゲート」をオプションで追加。こちらは、リヤバンパーの下で足先を軽く横に振る(キックするような動作)だけでテールゲートを開くことができるものになっています。

ボディカラーは、新色の「ワイトモ・グレイ」のほか、「フジ・ホワイト」、「インダス・シルバー」、「コリス・グレイ」、「サントリーニ・ブラック」、「ロワール・ブルー、」「エイントリー・グリーン」、「カイコウラ・ストーン」、「フィレンツェ・レッド」、「スコシア・グレイ」、「ユーロン・ホワイト」、「フェニックス・オレンジ」の全12色を設定。

価格は、「ディスカバリー・スポーツSE」が500万円、「ディスカバリー・スポーツHSE」が590万円、「ディスカバリー・スポーツ HSELuxury」が700万円で、各グレードともに2015年モデルから8万円のアップとなっています。

(塚田勝弘)

【関連記事】

■ディスカバリー・スポーツはBMW X3、ボルボXC60、レクサスNXがライバル!
http://clicccar.com/2015/04/15/302841/

■レクサス・NXなどと競合するディスカバリー・スポーツの走りは?
http://clicccar.com/2015/04/19/303280/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ