新型トヨタ「パッソ」 4月発表か? 秋にはMPV仕様も?

コラム Clicccar

2004年6月に登場したトヨタの人気コンパクトカー「パッソ」。

2代目となる現行モデルが2010年2月に登場して以来、まもなく6年が経過しようとしています。

本年の月間販売台数は平均で約3,800台と、今もなお安定した販売台数を維持。

1.0Lと1.3Lエンジンをラインナップ、丸みを帯びたデザインや約110万円〜160万円と軽自動車並みの手頃な価格も人気の要因のようです。

そうした中、Web上でも次期モデルの登場が噂されるようになりました。

「東洋経済」によると、同車のモデルチェンジが来春に迫っており、4月1日から生産開始、11日に記者発表を予定しているようです。

全長(3,650mm)、全幅(1,665mm)はそのままに、全高を同10mm下げるそうで、エンジンは1.0L一本に絞られる模様。

2017年4月に予定されている自動車取得税廃止の代わりに設定が予定されている環境税に対応(免税)すべく、現行1.0Lエンジンの燃費性能(27.6km/L)を更に向上させ、FFコンパクトカーでナンバーワンとなる「2020年燃費基準+20%」を目指すそうです。

安全装備では低速域衝突回避支援システム「スマートアシスト||」を採用。

また次期モデルでは現在のお洒落仕様の「+Hana」に代わって、スポーティ仕様の「MODA(モーダ)」が設定になるようです。

来秋には新型「パッソ」をベースにしたMPVバージョンの登場も有り得るそうで、こちらも注目されます。

Avanti Yasunori

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ