今シーズン唯一のスタッドレス新商品、横浜ゴム「アイスガード ファイブ プラス」。その見どころは?

コラム Clicccar

年末年始を迎え、そろそろ東京の人もスタッドレスタイヤに履き替える時期でしょうかね。

今回は「毎日が雪道や凍った道で積雪路の走り方もスタッドレスの選び方も熟知している」なんていう降雪地のユーザーさんではなく、ほとんど雪道を走ることがない降雪地のドライバーに向けたスタッドレス選びについて考えてみましょう。

まず知っておきたいのは「雪道は滑る」ということ。当たり前ですが、東京ではその事実を知らないドライバーさんが多すぎるような気がしますね。

大雪が降った2014年1月と2月のことを覚えていますか? あの時、東京では多くのクルマが路上で立ち往生しました。しかもです、その多くのクルマがノーマルタイヤだったんですよね。雪国の人には信じられないことでしょうが。

ノーマルタイヤは雪の上を走れるようには設計されていません。チラチラ雪が舞っている程度なら何とかなりますが、路面が真っ白になったらノーマルタイヤで走るのは”無理”と考えるべきでしょう。

いや、絶対に走ってはいけないのです。立ち往生しないために。そして何より自分と周囲の安全のために。

じゃあどうすればいいか? スタッドレスタイヤを履きましょう。

ノーマルタイヤが雪や氷の上で滑る理由はふたつ。ひとつはゴムが硬くなってしまうのでしっかりと路面を捉えられなくなること。

もうひとつは(雪を考えていないから)表面の溝に雪が詰まってしまうことです。

その2点に考慮し、冬の道でも安心して走れるように作られたタイヤがスタッドレスタイヤというわけです。

さて、ここからはそんなスタッドレス選びについて考えてみましょうか。

スタッドレスタイヤ選びは何を重視するべきか? ふだん雪道を走ることのない都会のドライバーにはピンとこないかもしれませんが、実はスタッドレスタイヤでもいろんなキャラクターがあり、高速道路でも夏タイヤと同じような感覚で走れるタイプもあれば、氷の道に強いタイプ、すり減りに強いタイプというのもあります。

いろんな考え方があるのであくまで個人的意見ということになりますが、ボクとしては氷の上でしっかりとグリップするスタッドレスタイヤを選ぶべきだと思います。

その理由は、氷の上がいちばん滑りやすく危険だから。いちばんリスキーな状態でも頼れるスタッドレスタイヤが、安心できるスタッドレスタイヤだからです。

たとえば、横浜ゴムのスタッドレスタイヤ『iceGUARD 5 PLUS(アイスガード ファイブ プラス)』。

冬の道でもっとも危険かつ滑りやすい氷の上で、しかもグリップ力が特にモノを言う(事故抑止に効果的な)フルブレーキング時の性能で同社従来品に対して性能が7%も向上。

実はこの氷上制動性能、タイヤ公正取引委員会に届け出てある厳密な社内テスト(装着車両:トヨタ・ノア)の結果をみても現在販売されている乗用車スタッドレスタイヤで最高の成績なのですよね(2015年末現在)。

実はワタクシも北海道にある冬のテストコースで実際にツルツルの氷の上でブレーキングし、『iceGUARD 5 PLUS』のグリップ性能の高さはしっかりと確認してきました。だから自信をもってオススメできるのです。

また、『iceGUARD 5 PLUS』は、乗用車用スタッドレスタイヤとしては唯一の新製品。年々進化するスタッドレスタイヤは、デビューが新しければやはり性能も優れていることが多いのです。

道が雪で白くなったら、ノーマルタイヤで走るのは厳禁。そしてスタッドレスタイヤは一番危険な氷上での性能を重視して選びたい。都会のドライバーもぜひ覚えておいてくださいね。

(工藤貴宏)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ