スズキ・スペーシアにデュアルカメラブレーキサポートやワンアクションパワースライドドアを装備した特別仕様車を設定

コラム Clicccar

スズキ・スペーシアは、ダイハツ・タントや日産デイズ ルークス&三菱eKスペースなどがライバルで、1700mm以上の全高をもつ軽スーパーハイトワゴンに分類可能なモデル。

その上にはダイハツ・ウェイクという超背高系もありますが、軽乗用車では最も背が高いクラスといえるでしょう。

 

パレットの実質的後継モデルとして2013年3月から販売されたスペーシアは、ライバルと比べて背の高さを感じさせない操縦安定性の高さなどが魅力でしたが、タントのフルモデルチェンジや後発のライバルが登場し、やや影が薄くなっていた印象を受けます。

最新モデルでは、スバルの「アイサイト」と同じ、日立オートモーティブシステムズ社をサプライヤーとする「デュアルカメラブレーキサポート」が用意されるなど、軽自動車でも最新の安全装備が実用化されています。

 

12月21日に発売されたスペーシア「Gリミテッド」は、「G」グレードがベース。先述した、2つのカメラを採用したステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」が搭載されているほか、ワンアクションパワースライドドア(後席左側)、運転席シートリフターなどの利便性の高い装備も用意。

また、外観はメッキフロントグリルやLEDイルミネーションのほか、メッキバックドアガーニッシュを装備することで上質なムードを演出。

ブラックを基調とした内装は、専用ファブリックシート表皮や専用ドアトリムクロスでスポーティにまとめられているほか、ステアリングオーディオスイッチや運転席シートリフター、チルトステアリング、フロントアームレストボックスが装備されています。

スペーシア「Gリミテッド」の価格は、2WDが139万8600円、4WDが151万9560円という設定です。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ