CFRPを多用した「TOYOTA 86 GRMN」を100台限定、648万円で販売

コラム Clicccar

BMW「i」ブランドをはじめ、東レと組むメルセデス・ベンツなどの欧州勢が、炭素繊維と樹脂との複合材料であるCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を積極的に使っています。

レクサスもLFAやRC Fなどに使うなど、高級車やスポーツカーで軽量化、高剛性化の選択肢のひとつとして珍しくなくなってきたCFRP。

2016年1月4日〜22日まで下記のWebサイト限定で商談申込を受付、抽選のうえ100台限定で販売されるのが「TOYOTA 86 GRMN」です。

CFRP製エアロパーツが印象的な「TOYOTA 86 GRMN」は「GRMN86-FRSPORT」という車両型式名で、ボディサイズは全長4290×全幅1775×全高1300mm。

ノーマルの86は、全長4240×全幅1775×全高1320mm(アンテナを含む数値。ルーフ高は1285mm)ですから、エアロパーツで飾られたぶん全長が長くなっています。

気になる軽量化のメニューは、2シーター化されたシートレイアウトに加え、エンジンフードとトランクリッドだけでなくルーフパネルにCFRPを使用し、リヤウイドウ、クォーターウインドウは樹脂製に置換されています。

車両重量は1230kgで「GT」系の6MTと同値、「G」の6MTよりも20kg重くなっていますが、ボディのねじり剛性は約1.8倍に向上したそう。

また、吸排気系の変更をはじめ、エンジン内部パーツの低フリクション化によるレスポンスの向上などにより、最高出力は219ps/7300rpmで、最大トルクは217Nm/5200rpmを発揮。

ほかにも、クロスレシオ化された6速MTや専用チューンが施されたサスペンション、前後異径タイヤ(F:215/40R17 R:235/40R17)、ブレーキの性能強化など走りをアップデートする多様なメニューが用意。

「TOYOTA 86 GRMN」の価格は648万円。なお、生産工場は「元は町工場」という原点を忘れない、という意味から命名されたという元町工場になっています。

(文/塚田勝弘・写真/佐藤靖彦)

【公式Webサイト】
http://gazooracing.com/grmn/86

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ