F1が観光道路の箱根ターンパイクを走る! 衝撃のヒルクライムの全貌

コラム Clicccar

パレードランじゃないんですよ! アタックですよ、アタック! ふだんは観光道路として使われている箱根ターンパイク、だれでも料金を払えば走れるこの道路で、往年のF1マシンやグループCカーが疾走しちゃってるんです。

記憶に残っているかたも多いでしょう。約1年前に行われた「モーターヘッド・ヒルクライム」。

箱根ターンパイクを借り切って、ナンバーがついていない競技車両とかをガンガン走らせて、話題になりました。2015年秋に、その第2弾「MH Hill Climb||」が行われたのです。

2回目の今回は、とうとうF1マシンが走るという衝撃の展開。ロータス78とベネトンB189です。そのほかにも、全日本GT選手権を戦ったチーム・タイサンのポルシェ962Cや、2015年のスーパーGT、GT300クラスを制したゲイナー・タナックスR35 GT3、WTAC(ワールドタイムアタック)R35クラス最速のHKS R35 GT1000+なども走りました。

また、昨年は超絶ドリフト走行で話題になったD1マシンのGT-Rですが、今回は86とのツインドリフトを見せてくれます。

イベント内容の点からも一般への事前告知はもちろんナシ。

雑誌『モーターヘッド』の発売直前まで、画像や映像は発表できないとされていましたが、じつはイベント当日の天気予報は「雨」。前の晩から雨が降りつづき、一時は「とほほ」な雰囲気になっていました。でも当日の早朝には雨が上がり、半日だけでも“ゼンカイ”ヒルクライムができました。

『モーターヘッド』編集長の高田興平サンは、今回の第2回モータヘッド・ヒルクライムを終えて

「1回目は勢いでやったんですが、2回目は『1回目を超えないとカッコつかねえぞ』というプレッシャーがありました。そこでF1を走らせるといったアイディアが出てきたわけですが、そうやって1回目にはなかったものをどうやって実現するかが大変でしたね。また、当日の天気予報は雨だったし、F1はレインタイヤが手には入らなくてスリックしかないし、前日は死にたいくらいの気分でしたが、雨が上がって奇跡が起きてくれました。危険は多いし、まだまだ手探りでやっている試みなので、落ち度も多いと思いますけど、集まってくれたチームにもドライバーさんにも『いやー、面白いな』と言ってもらえたのが嬉しいです。『二度とやらねえぞ』っていうひとはいなかった。自分たちもですが、そうやってリスクに挑んでくれるひとたちの協力がありがたいですね」

とコメントしてくれました。

いまね、日本だけじゃないんですが、世界的に“事なかれ主義”が蔓延していて、みんな“いい子ちゃん”になりすぎている気がするんですね。特に日本はその傾向が顕著です。まぁ、歴史的にもね、そういう時代はあるんですよ。でもね、いずれ反動が来る。

このモーターヘッド・ヒルクライムは速度無制限。対向車線まで思いっきり使ってラインをとりながらアタックします。昨年、アイディアを出して実行に移したら、賛同者も集まってくれて、箱根ターンパイクからも国土交通省からも警察からもOKが出たわけです。時代に流されるメディアが大半のなかで、時代を創ることができるメディアも、まだ残ってるんですね。

その異次元シーンはこちら。

動画を見るにはこちら

このヒルクライムの様子は、『モーターヘッド 』に50ページにわたって掲載されます。

また、2016年1月15日(金)より開催される東京オートサロンの会場では、このイベントの裏側に迫ったドキュメンタリーDVD(全車のオンボード走行映像付き)と、美しい写真で構成されるフォトブックがひとつになった「MHヒルクライムSpecial Box Set」が先行発売(一般発売は1月22日から)されるそうです。

■モーターヘッド Vol.18
2015年12月29日発売
定価1050円(本体価格972円)

■MHヒルクライムSpecial DVD Box Set
2016年1月15日 東京オートサロン「TONE」ブースにて先行発売
2016年1月22日一般発売
価格3500円(本体価格3241円)

■VIDEO OPTION VOL.263
2015年1月26日発売号
箱根全開! ターンパイクヒルクライム全貌公開!

(まめ蔵)

【関連サイト】
モーターヘッド公式サイト→http://motorheadmagazine.jp

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ