クラブドア廃止も6ドアで実利を得る ─「MINIクラブマン」画像ギャラリー

コラム Clicccar

ボディ右側(右ハンドルだと運転席側)に設置されていたクラブドアを廃止し、観音開きドアのスプリットドアを残した新型MINIクラブマン。

クラブドアは運転席側のみだったため、乗降時に歩道側からではなく道路中央側から乗り降りする必要があるなど不便さを指摘する声もあったようですが、機能面よりもファッション性に重きを置いたクラブドアは、その点も織り込み済みで手に入れた方が多かったのではないでしょうか?

さて、テールのスプリットドアを含めて、6枚ドアというユニークなドア形状になった新型MINIクラブマン。後席の乗降性はもちろん、後席の座面に手荷物などを置く際も格段に便利になったのは間違いありません。

一方のスプリットドアは、観音開きのため両方とも開ける場合は右側を開けてから左側も開ける手間があり、閉める際も2度ドアの操作が必要になります。

しかし、普段の買い物程度のちょっとした荷物なら右側だけを開ければ済みますし、上開き式のように小柄な人は大きく上に上げなくていい利点があります。

さて、MINIクラブマンは、1969年生まれのオリジナルの「Mini Clubman Estate」のように、英国の伝統に根ざしたシューティング・ブレークの現代的な解釈でスタイリングされていますが、カテゴリーとしてはCセグメントに分類できます。

フロントマスクは、インテリアにも採用されているクロームのフレームに囲まれた丸いヘッドライトをはじめ、六角形のラジエータグリル、そして力強い曲線によるボンネットの膨らみなどによりMINIらしさを表現。また、ワイドなエアインテークも特徴でフロントセクションに力強さを与えています。

伸びやかなサイドビューは、フロントスクリーンからサイドウインドウ、リヤウインドウまでボディをぐるりと囲む印象的なウインドウグラフィックで、こちらもひと目でMINIと分かるデザイン。

標準装備のヘッドライトは、デイランニングライトとパーキングライトが補助ライトに統合され、フロント・エプロンに配置されています。オプションでLEDヘッドライトを選択することも可能で、その際はテールランプもLEDに変更されます。

さらに、走行状況や路面状況に応じて路面と路肩を最適に照らすアダプティブヘッドライト機能付き LED ヘッドライトも用意されていて、これにはコーナーで進行方向をワイドに照らすコーナリングライトも含まれています。

新たなデザインが採用されているリヤビューも見どころが多く、リヤドアには、クロームで縁取りされた水平方向にワイドな形状のテールライトを配置。

ドア下には補助ライトを装着し、スプリットドアを開けた際でも後方に存在を知らせる役割を果たすなど、安全性(非視認性)にも考慮されています。また、「Cooper S」には、エアロダイナミクスを向上させるディフューザー・エレメントと左右に2 本のエキゾーストパイプが配置されたスポーティな形状となっています。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久、塚田勝弘)

【関連記事】

■MINI初の装備を満載した上質なインテリア ー 「MINIクラブマン」画像ギャラリー
http://clicccar.com/2015/12/26/345546/

■新型MINIクラブマンの乗り心地はMINIを超えた!
http://clicccar.com/2015/12/25/345448/

■新型MINIクラブマンのターゲットはVWゴルフ? 格段に向上した使い勝手
http://clicccar.com/2015/12/25/345381

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ