競技車両での峠ツインドリフトは、やっぱりチョー危ない映像【動画】

コラム Clicccar

やばい。これ、速い!

つい最近公開された『モーターヘッド』誌主催のヒルクライム『MHヒルクライムII』ですが、そのスピンオフ(?)というか、その機会に撮影された動画がコレです。

TOYOTIRESプレゼンツの峠ドリフト動画。もちろん、場所は箱根ターンパイク。ふだんは観光道路として一般車が走っている道路を封鎖してのドリフトです。

じつは、昨年もここでドリフト動画の撮影は行われたんですが、同じことをやってちゃつまらない。今年はツインドリフトです! 今年D1GPでシリーズチャンピオンを獲得したGReddy 35RX SPEC-Dは、昨年も走行しましたが、今年はそれに加えてTOYOTIRESの86も走行します。ドライバーはアメリカ・フォーミュラDで活躍中の日系人ドライバー、ケン・グシ。

いやー、それにしても見事な走りです。サーキットで速いのは見慣れているけど、ここはブラインドコーナーも多い一般道ですからね。エスケープゾーンもないし。

ツインドリフトは、もし前の車両がスピンしたりすると後ろのクルマも巻き込まれるリスクがあるので、やっぱり危険なんですよね。

昔の走り屋は峠でドリフトをしていたもんですが、競技車両だとやっぱりスピードがちがう。そして競技車両がエスケープゾーンのない一般道でドリフトをしているところもまた速さが際立ちます。

それでは、その超クールな動画をどうぞ。

動画を見るにはこちら

それにしても、去年は「公道でドリフト」、今年は「公道でツインドリフト」。じゃあ来年どうするんでしょう? やっぱり「公道で団体ドリフト」かな?

(まめ蔵)

【関連記事】
F1が観光道路の箱根ターンパイクを走る! 衝撃のヒルクライムの全貌http://clicccar.com/2015/12/26/345526/

『MHヒルクライムII』撮影中にチャンピオンが緊張と恐怖で震えたワケは?【動画】http://clicccar.com/2015/12/26/345730/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ