『MHヒルクライムII』撮影中にチャンピオンが緊張と恐怖で震えたワケは?【動画】

コラム Clicccar

ある意味、もう絶望的なコンディションでした。雨が激しくなり、日も暮れたなかで、アタックは終了。最後に、撮影用にもう1本だけ走ろうか、ということになったときの走行がこの動画です。

11月18日、箱根ターンパイクを封鎖して行われた『MHヒルクライムII』。そのメインイベントの終了後に撮影されたTOYOTIRESプレゼンツのドリフト動画です。

2015年にD1GPで3度目のチャンピオンを獲得した川畑真人選手は、いま世界でもっともドリフトが上手いドライバーのひとりだといっていいでしょう。礼儀正しい紳士的な青年ですが、中身は「とにかくスゴいものを見せてやろう」という意識が強いイケイケのドライバーです。

その川畑選手が、クルマから降りたときには「緊張と恐怖心で身体が震えてた」と言ったのです。本降りの雨。峠を下っていくときにはまだ薄明かりが残っていたものの、麓のスタート地点につくころにはみるみる暗くなっていました。箱根ターンパイクには街灯がほとんどないので、文字どおり真っ暗になってしまうのです。

私はこの走行のとき、道路脇で写真撮影をしていたのですが、ハッキリ言って、もうどうやっても写らないほどの暗さになってしました。でも帰れる状況ではないので(だってアタック中だから)、かなりの雨のなか、絶望的な気分で道路脇にいたわけです。

そんなヘビーウエットの一般道で、1000ps近いGT-Rをドリフトさせる川畑選手の緊張感はどれほどだったでしょうか? でも、この動画が公開されて、なんか私もちょっと報われた気分です(笑)。

じっさい肉眼では、この動画よりももう少し暗い感じだったと記憶しています。それでは緊張の1本をどうぞ。

動画を見るにはこちら

特に2:47あたりでなにが起こったのか、見とどけてもらえましたか? ここ、私道ではありますが、ふだんは誰でも走れる観光道路、事実上、公道となにも変わらない場所ですからね!

(まめ蔵)

【関連記事】
F1が観光道路の箱根ターンパイクを走る! 衝撃のヒルクライムの全貌http://clicccar.com/2015/12/26/345526/

競技車両での峠ツインドリフトは、やっぱりチョー危ない映像【動画】http://clicccar.com/2015/12/27/345711/

 

 

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ