顔が悪くて売れなかったクルマとは? Facebook発明前からあったクルマの「顔」問題【F2P Vol.08】

コラム Clicccar

クルマの先端部、ノーズといいます。まあ、鼻だけではなく、口に相当するグリルまたは開口部、目=ヘッドランプも含めている場合が多いようです。「フェイスリフト」なる言葉はアメリ発ですが、整形外科からはじまり、クルマに適用されます。ノーズとフェイスのF2P温故知新です。

2015東京ショーで思わず笑ったのがトヨタS-FR。商品化の可能性大とは、どこかで読みました。顔が笑(微、爆、苦?)を誘うのも好感度でしょうか。

2011年のジュネーブ・ショーでBMW MINIが発表し、おおいに期待したのが“ロケットマン”でした。最近のMINIはデカくなったとは、よく聞くことです。ロケットマンは、全長3.4m、3ドア、3+1シートのサイズ、これぞイシゴニス正統と、興奮しました。
当時、BMWはi計画を推進中でしたが、手頃な価格のシティカーとしては、BMW式(航空機、レ−シングカーに比べると格段に安いのです)カーボンファイバーをもってしても高価につきすぎると判断したようです。最近、材料変更して計画が再開されるという噂を読みました。

ロケットマンの3年前、デトロイト・ショー地下の変わり種展示場で奇妙なEV数台を見ました。中国北京のデザイナー李さんのタン・フア社EV群で、顔、ボデイ、名前のすべてが変わっていました。この愛嬌のある顔の4座車の名前は、“デトロイト魚”、他に“歌集”、“雲の一片”が並んでいました。デトロイト魚は、水陸両用車で、陸上最高速40km/h、航続距離150kmだそうです。

 

顔の悪いのが売れなかった理由のひとつとされたクルマがあります。偉大な発明家・技術者ですが暴君的な父親に仕え、後継者として会社を存続し、繁栄させた人物名が失敗クルマ代名詞のようになったのは、気の毒なことです。大量生産による自動車普及功労者、ヘンリー・フォードのひとり息子で2代目社長エドセル・フォードです。

エドセルは、かたくなに父親を説得し、18年継続生産し、競争力低減したモデルTにかわるモデルA開発を進めました。モデルAの成功の栄光を享受したのは父ヘンリーでした。第2次大戦後も高級ブランド、リンカーンの活性化を果たしましたが、1943年49歳で病死しました。

彼の死後、フォード社は、第4の中級ブランドを立ち上げます。当時の経営陣は、彼らが敬愛したエドセルの名をつけました。

しかし、59年型エドセルは、市場目標が曖昧で、また『完璧なクルマ』なるスローガンには達しない品質が裏目に出ます。EDSELの文字を縦に入れた盾風グリル顔も横グリルに慣れた購買層に違和感を与えました。2度のフェイスリフトで整形しますが、人気は取り戻せず、61年を最後に消えます。以来、『エドセル』は、不成功商品の代名詞となりました。

 

一瞬の思いつきが、それまでアジア系低価格実用車で、ときめき、きらめきとは無縁なブランドを変えました。ドイツ人デザイナー、ペーター・シュライヤーです。

数年前、デトロイ・ショーで話を聞いた彼は、当時韓国ヒュンダイ傘下キアのデザイン`ディレクターに就任していました。彼がノートブックにさらっと描いてくれたのが“タイガーノーズ”。有名になる顔ですが、『虎のアギト』と訳した方が意にかなっているでしょう。「虎は精悍であり、優雅である。鼻、口の一体感と目との関係が素晴らしい」と解説してくれました。

彼の2010年K5 “オプティマ” は、それまでのキアの普遍型イメージを一新しました。また、タイガーノーズのすごいところは、既存車種のフェイスリフトにも効果的でした。

シュライヤーは、キア社長兼ヒュンダイ・キア両ブランドのデザイン担当役員に昇格します。

メルセデス、BMW、ロールス-ロイス、ベントレー、アルファ・ロメオなど伝統的グリルを持つ老舗は別として、世界のメーカーは顔造りに苦労しています。シュライヤーの成果は偉業といえるでしょう。

おまけ1。


メーカーだけじゃない、ソウルの街にもタイガーノーズファンが。ただし、前にスペースがないのでタイガーおしり。

おまけ2。


いました!Avatar的美女群

(山口京一)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ