【CCOTY2015】マーケットに新風を吹き込むトヨタ・シエンタに10点

コラム Clicccar

2015年もいろいろなニューモデルが登場した日本の自動車マーケット。

その一年を振り返りつつ、今年も「クリッカー・オブ・ザ・イヤー2015」に投票できることに緊張しつつ、個人的にもっとも印象に残ったクルマを思い返すと、フルモデルチェンジしたトヨタ・シエンタが大きな存在となっていることに気付かされたのです。

というわけで、持ち点20点から1位に10点、最大5台に配点できるというレギュレーションの元、配点は次のようにさせていただきました。

トヨタ・シエンタ:10点
ホンダ S660:6点
トヨタ MIRAI:2点
ダイハツ・キャスト:1点
ホンダ・シビックタイプR:1点

今回の基準としたのは、「市場に与えた影響の大きさと今後の可能性」です。

トヨタ・シエンタはインパネアッパーボックスからチラ見えするオレンジ色が印象的ですが、もちろん外観もユニークで個性が強い面もあって、デビュー前にはどれほど売れるのか疑問視する向きもあったようです。

しかし、登録車のセールスランキングでは?2015年8月〜11月(執筆時点)まで、4か月連続で2位につけているほど売れています。

1〜2か月の売れ行きであれば初期受注、新車効果という言葉で理解できますが、4か月連続となると、市場においてポジションを確保したという印象を受けます。もっともランキングはプリウスの登場で変化するでしょうが…。

それはさておき、1.5リッター・5ナンバークラスにおいて「スライドドア、ハイブリッド、3列シート」という要素を持つクルマとしてホンダ・フリードも人気を集めた時期がありましたが、シエンタがここまで売れるというのは時代の変化を感じさせるのです。

たとえば「エマージェンシー用だから3列目は狭くても大丈夫」という意識が強くなっているのかもしれませんし、そうした意識の変化はトヨタでいうとノア・ヴォクシー・エスクァイアといった5ナンバーフルサイズミニバンからのダウンサイザーを生んでいる可能性もありそうです。

また、そのユニークなルックスも、幼児を載せているシチュエーションで見ていると、子供に人気のキッズシューズと共通性を感じたという体験も記憶に残るところ。これまでスライドドアのスーパーハイト系の軽自動車がメインターゲットとしていた子育て世代における、アッパーモデルとしてのポジションも、シエンタは確保しつつあるのかもしれません。

2015年10月、2015年11月の軽自動車セールランキングで連続して4位につけるという好スタートを見せたダイハツ・キャストも市場存在感という意味では注目のニューモデルです。

現段階で判断するのは時期尚早かもしれませんが、過去にスズキMRワゴン、ホンダN-ONEなどがチャレンジしてきた全高1600mmを超える付加価値系モデルというカテゴリーが、いよいよ本流になってくるかもしれないという予感を、キャストのラインナップや初期セールスに感じたのです。

「スタイル」、「アクティバ」、「スポーツ」という3つのバリエーションを展開するという提案に対する市場の反応など、先々の行方も気になるモデルなのです。はたしてキャストの提案が一時的なものなのか、10年は続くムーブメントになるのか。その辺りが不明だったのが1点にとどめた理由です。

トヨタの燃料電池車「MIRAI」と、FF最速モデルのホンダ「シビックタイプR」。キャラクターとしては正反対に見えるモデルを選んだ理由は、じつは似ています。「日常性のある特別なクルマ(スーパーカーカー)」というリアリティのある新ジャンルを、この2台に感じたのでした。

ホンダでいえば新型NSXの登場までカウントダウンがはじまっていますが、そうしたスーパースポーツ、スーパーカーは庶民には手の届かないどころか、リアリティを感じづらい価格帯となっています。

その点、シビックタイプRは、シビックという名前からすると高価に感じる面もありましょうが、絶対的な価格帯としては夢を見ることができるギリギリのラインを提示しているという印象を受けます。

リアシートや十分なラゲッジスペースを持つ5ドアボディでありながら、ニュルブルクリンク北コースで7分50秒という速さを実現していることも「エブリディスーパーカー」というカテゴリーの芽吹きを感じさせます。

2015年時点での購入補助金を考慮すると、シビックタイプRと同等レベルとなるMIRAIですが、水素燃料電池車としてのレア度や水素ステーションなどのインフラ整備がまだまだ必要なことなど、いろいろな面で特別なクルマであることは間違いありません。

もっとも、インフラ整備のほか、生産性の向上やコストダウンも期待されていますので、そうしたレア感は今に限った話かもしれませんけれど、しばらくは特別なクルマというキャラクターであり続けそう。もちろん、燃料電池車のリアリティを感じさせたことでも、2015年の記憶に残る一台です。

いずれも前輪駆動車で4人乗りという共通点もありますが、それは偶然なのでした。

最後に、6点を投じたホンダS660。

今回の基準とした「市場に与えた影響の大きさと今後の可能性」から見ると、軽自動車のミッドシップ・オープン2シーターという提案は、ある意味で焼き直しといえるテーマですし、専用設計としたボディなどコストダウンや発展性も考えづらく、このカテゴリーが大きく成長するという風に思えないというのが正直なところかもしれません。

しかし、20代というS660開発責任者のホンダイズムを感じ、ホンダの新社長がチャレンジングな商品開発の例としてホンダジェットと共に、日本限定品であるS660の名前をあげたことなどを見てきた中で、このクルマ単独での商品性や売上ではなく、ホンダが変化しようとしているシンボルとして捉えると、いつか2015年を振り返ったときに象徴的な一台となっているかもしれないと思えてきます。

また、荷物を積むことを考えないというパッケージは、今後の登場が予想されている2人乗りの小さなモビリティへつながるミッシングリンク的なモデルとして後年評価されるかもしれません。そうした期待と予想を含め、車名にかけて(笑)、6点を投じたのでした。

(山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ