【ゆとり世代のチョイ乗り報告】「レクサス・GS」で高級の世界を初体験!!

コラム Clicccar

レクサスとはトヨタが展開するプレミアムブランドです。「何をいまさら……」と突っ込まれそうですが、輸入車だと思っている方が意外と少なくないのです。

たしかにレクサスのラインナップには、トヨタのそれとは違い、輸入車な雰囲気がある。そう思わせるのは、クルマ自体に「レクサス」としての一本軸がバシッと貫かれているからでしょう。

ただ、それもここ数年の出来事。2012年に“Grand Touring Sedan”の頭文字をとった中型セダン「GS」のフルモデルチェンジを機に、いよいよレクサスらしさ作りに本腰が入ったのです。

その象徴が、次世代レクサスの共通アイデンティティとして提示されたスピンドルグリル。新モデルはもちろん、既存モデルにも徐々に与えられたのですが、従来のニッポンの高級車と比べると少々刺激が強かったのでしょう。「この顔じゃなければ買うんだけどなぁ」という声が必ずあがりました。

ただ、マイナーチェンジ後の「GS」では、開口幅が広がり、メッキで縁取られ、グリル内のバーは上下で色を分けるなど、より強烈になりました。

まず顔に目がいき、次いで4880×1840×1455mm(全長×全幅×全高)の立派なプロポーションへ目線が移っていく流れがあり、高級感と躍動感が伝わりやすい。実際、運転しているときに周りからの視線を浴びる場面は多かったです。

スピンドル第一号の「GS」がこの路線を強調したことからも、新しい顔を巡る論争の決着はいよいよ近いのかもしれません。

ルックスと同じく、インテリアでもレクサスらしさの着地点を定めた感じがします。そう感じたのは室内に身体を収めた瞬間でした。

本革や新開発のレーザーカット本杢パネルで仕立てられた品の良い空間には、新たに12.3インチワイドディスプレイが備わり、センターコンソールに設置されたリモートコントロールでスムーズな操作が可能…と、高級感と先進性を演出するのは高級車の定石通り。

また、初試乗なのに長年付き合ってきた愛車のようにスッと手に馴染む感覚もありました。分かりやすいアイコン、別個に設けられたリモートコントロールのENTERとBACKボタン、さらにはヘッドアップディスプレイ。

これらのおかげで、欲しい情報の把握と行ないたい操作をスムーズにこなすことができました。きめ細かい配慮に日本の名品ならではのセンスを感じます。

今回用意してもらった試乗車は、3.5L V6エンジンとモーターのハイブリッド「450h バージョンL(843万5000円)」。

システム最高出力は348psと同じくハイブリッドの「300h」より高性能。ただし、エンジンは「RX450h」が積む新開発エンジン(2GR-FKS)ではなく、マイチェン前モデルが積む2GR-FXEをキャリーオーバー。

ハイブリッドとしての上質な乗り味は健在で、重さを感じさせずにスルスルと加速し、減速もペダル踏力に応じて自然に速度を落としていけます。もちろん燃費も競合車と比べて引けはとりません。

とはいえ、約2000kgのSUV「RX450h」が18.8km/Lを誇るのに、約1800kgの「GS450h」が18.2km/L。「GS350」に新エンジン(2GR-FKS)を採用したのだから、ついでに「GS450h」にも……と思わずにはいられないところ。

そう聞くと、今回のマイナーチェンジがそれなりに思えてしまいますが、実はボディづくりそのものも最新のレクサス仕立てになっているのです。

ボディにはレーザースクリューウェルディングと構造用接着剤を採用したうえ、スポット打点も追加。剛性が高まったボディは、月並みな表現ですが、常にガッチリしています。

おまけにシートが絶妙!! 座面とサポート部そしてヘッドレスト。各部位で感触が異なり、身体をゆったりと包み込む。後席の足元に余裕は少ないですが、シートの感触は同様。

「これが高級車か〜」と気分上々で運転していると、さらなる新発見が!

それは、妙に車内が静か……。耳を澄ませると、エンジン音やロードノイズは聞こえるが、すれ違うタクシーやトラックの音が聞こえてこない。スクーターの音がやっと聞こえる程度まで、遮音が徹底的に行なわれていました。

高級車と聞くと、とにかく見た目の派手なものが取り上げられますが、静かな空間で好きな音楽をかけてゆったりと移動することこそが高級車ならではの持ち味なのでしょう。距離に関わらず移動手段としては極楽。

とはいえ、気に入らない部分もありました。それがステアリングフィールです。

左右に5度程度ずつ遊びがあり、荒れた路面では車体がビクともしないのにステアリングだけがフラフラと落ち着かない。ゆっくり切り込んでいくと、クッと急にタイヤとリンクしたかのような違和感もありました。

後日乗った「GS F」ではそんなことはなかったので、もしかしたらグレードごとの仕様なのかもしれません。

「GS」をきっかけに始まったレクサス流の仕立て。さらに、噂に聞くレクサスの販売店の神対応。

日本では2005年に本格的にスタートした新進気鋭のブランドとはいえ、それらは着実に浸透していて、例えば新成人を対象としたアンケートではBMWに次いで人気の高級車として名が挙がっています。案外、レクサスが首位に立つ日は近いのかも。

そんなことを思いながら、訪ねたガソリンスタンド。クルマを返却する前に給油と洗車をお願いしたのですが、店員の方がにこやかに「コチラは輸入車なので洗車料金は……」と言うではありませんか!

「え!? いや、コレ……」(やっぱり、もう少し時間かかるかも)

(今 総一郎)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ