スポーティで上質になったSUBARU XVの個性と魅力とは?

コラム Clicccar

2015年度予防安全性能アセスメントで最高ランクであるJNCAP「先進安全車プラス(ASV+)」を獲得しているSUBARU XV。

XVに限らず、積極的なCM展開で抜群の知名度を得た「アイサイト」を強みに、安全性の高さからスバル車を指名する方も多いのではないでしょうか?

2015年10月28日に改良を受けたXVは、時期により前後するものの、いまやインプレッサ全体の約40%にまで成長しているそうです。

今回の改良では「アグレッシブで躍動的なエクステリアデザイン」を掲げたフェイスリフトがまず印象的。

よりシャープになったヘッドライトは、「コ」の字を延長し、ホワイトバルブ化と黒塗装縁メッキによりキリリとした顔つきに貢献し、さらにフォグランプを「L」字で囲むようにクロームメッキのアクセントを加えることで、スポーティで質感の向上も図られています。

XVの特徴であるアルミホイールも刷新され、専用17インチアルミホイールは、よりアクティブでスポーティなデザインになっています。

そのほか、外装色では新色で2つのブルー系である「ハイパーブルー」、「ダークブルー・パール」を設定するなど全9色を用意。

インテリアは上質感のさらなる向上がテーマで、ステアリングやインパネオーナメントにピアノブラック調加飾と金属調アクセントを加え、ガソリン車にはオレンジステッチがドアアームレスト、センターコンソールリッド、シフトノブ&ブーツに加えられています。

安全性では、SRSサイドエアバッグとSRSカーテンエアバッグを全車に標準装備としているほか、アイサイト装着車には死角車両検知、車線変更支援、後退時支援、ハイビームアシスト、自動防眩インナーミラーからなる「アドバンスドセイフティパッケージ」をメーカーオプションで設定。

走りのよさや安全性の高さが魅力のスバルXV。燃費では27.0km/Lを誇るホンダ・ヴェゼル、ディーゼルで23.0km/LのマツダCX-3と比べると、XVはガソリンが16.2km/L、ハイブリッドが20.4km/Lと不利なのは間違いありません。

それでもAWDのみのスバルXVは、全天候型の走りやハンドリングの面でも際だったものがあり、全高1550mm以下(ジュークやCX-3も)による立体駐車場への対応など、都市型SUVの中でも機動力の高さが光っています。

(文/写真 塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ