FIAT 500Xは雰囲気満点、乗り心地は課題アリだがその魅力は?

コラム Clicccar

ジープ・レネゲードの兄弟車であるFIAT 500Xは、両モデルともに味付けこそ違ってもポップな雰囲気の内・外装で、それぞれにジープ、フィアットらしい個性が演出されています。

もちろんシャーシを含めてプラットフォームを共有する両車だけに、乗り味も当然ながら非常によく似ています。

ひと言でいえば、乗り心地は洗練されているとは言いがたいもので、低速域から高速域まで速度域を問わず前後、左右、上下多様な方向にボディが揺すられる印象で、なかなかピタリと上屋が収まってくれません。

なお、今回試乗したのは4WDよりも乗り心地が良いはずのFFモデルで、ジープ・レネゲードは4WDにも乗りましたから、その経験からすると4WDが必須でないのならFFの方がまだ無難であるはずです。

ジープ・レネゲードは「ジープ」ブランドですから、多少粗い乗り味でも何となく飲み込めますが、何となく街乗りのオシャレな印象のある「フィアット」は、もう少し改善して欲しいところ。

しかし、美点はロードホールディングの高さで、ワインディングをやや速いペースで駆けると大きめのロールを許しつつ、最後はしっかりと粘ってくれるのは、何となくイタリア車らしさも感じさせます。

140ps/5000rpm、230Nm/1750rpmという数値の1.4Lターボエンジンは、1380kgというクラスでは重めの車両重量に対しては、やや物足りないシーンもありますが、先ほどの乗り味からしても飛ばすよりもゆったり走る方が似合いますから、ちょうどいい程度といえそう。

それでも「ドライブムードセレクター」のダイヤルを「Sport」モードにすれば思いのほか活発に走ってくれますし、6速DCTをマニュアル操作すればもどかしさを感じさせることはありません。

なお、6速DCTは街中では大半の速度域で4速までしか入らず、変速ショックもシングルクラッチかと感じてしまうほど大きめで、日本の交通事情にはややマッチしていないのも気になるところ。

走りの面では課題も感じさせますが、カラーを含めたデザインやサイズの割に広さを感じさせる室内、荷室空間など魅力は満載で、指名買いする人が多そうなモデルですからこうしたネガを吹き飛ばすには十分な個性の持ち主といえそうです。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久、塚田勝弘)

【関連記事】

■FIAT 500Xは200万円台で買えるオシャレな輸入SUV
http://clicccar.com/2016/01/06/346559

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ