【CES2016】トヨタのFCVは近い将来、地域の電源になる!

コラム Clicccar

トヨタ自動車が米ラスベガスで1月6日〜9日にかけて開催された世界最大の家電見本市「CES」にFCV(燃料電池車)のコンセプトモデル「TOYOTA FCV PLUS」を出展、燃料電池技術の可能性や持続可能な社会に向けたトヨタのビジョンを提示しました。

昨年の東京モーターショー2015にも出展された同モデルは、近未来の水素エネルギー時代に向けた燃料電池車となっています。

同社が考えている将来の姿は水素の「地産地消」が成立している社会。そこではクルマが電力を作り出すインフラの一部として機能しています。

クリーン生成された水素を電力に変換することで、環境保全やエネルギーセキュリティの有力な解決策にもなるという発想。

トヨタでは水素を移動するためだけに消費するのではなく、燃料電池車に「分散電源」という新たな役割を持たせることで、暮らしがより豊かに、そしてクルマがさらに愛される存在になると考えているようです。

そんな発想から生まれた「FCV PLUS」は「地域産の水素で発電」、「発電機能を地域で共有」、「後々も発電機として利用」の3つの使命を併せ持っているのです。

「FCV PLUS」は広大なグラスエリアが印象的で、まさに「未来のコンパクトカー」然とした佇まいをみせています。

車両サイズは全長が3,800mm、全幅が1,750mm、全高が1,540mmと、かなりコンパクト。

エクステリアは空気抵抗低減に極力配慮したデザインになっており、車両底面も角や突起物がいっさい見当たらない滑らかな形状となっています。

FCスタック(燃料電池)を左右のフロントタイヤ間に配置、水素タンクはリヤシート後方に搭載されており、動力系にはインホイールモーターを全輪に採用しています。

機能部品を車体の前後に集約、四隅に車輪を配置することで、コンパクトなボディサイズにも拘わらず、3,000mmという余裕のホイールベースを確保、ゆったりとした室内空間と最適な重量バランスを実現。

「FCV PLUS」は燃料電池車「MIRAI」を世界に先駆けて開発したトヨタが将来の水素社会におけるクルマの姿を具現化した一台となっています。

Avanti Yasunori

【関連記事】

トヨタのFCV「MIRAI」の受注増加で納期は2019年以降!
http://clicccar.com/2015/12/20/344442/

トヨタ自動車が企業情報サイトのユーザー評価で首位に!
http://clicccar.com/2015/12/16/343576/

ホンダからも「FCV」登場、温室効果ガス削減に寄与!
http://clicccar.com/2015/12/04/341690/

「COP21」温室効果ガス削減に向けてFCVへの期待上昇!
http://clicccar.com/2015/12/03/341748/

トヨタがエネルギー地産地消時代をリードする「FCV」を提案!
http://clicccar.com/2015/10/16/333433/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ