【CES2016】メルセデスベンツ新型Eクラス正式発表前にラスベガスの街を自動走行!

コラム Clicccar

コンシューマー・エレクトロニクス・ショー「CES」が開催されたラスベガスの街で、メルセデスベンツが正式発表前の新型「Eクラス」を自動走行させたことが話題になっています。

(出展 メルセデス・ベンツ)

同社は新型「Eクラス」がカモフラージュ姿のまま、一般車両が走る公道で自動走行している様子を公開しました。

(出展 メルセデス・ベンツ)

米ネバダ州では自動走行車の公道テストを認める法律を施行したことで、2012年から試験車両を同州に持ち込んで走行試験を行うケースが増えているそうです。

今回、自動走行した新型「Eクラス」は量産仕様車で走行認可を受けた初のモデル。

メルセデス・ベンツによると、通常は走行試験前の審査で更なるセンサー追加などの改良を要求されるそうですが、同車の場合制御用ソフトを微調整しただけで審査をクリアしたと言います。

動画を見るにはこちら

米国では高級EVメーカーのテスラやGoogle、AppleなどのIT大手が自動走行車の開発を本格化させていることから、世界の自動車各社が危機感を持って技術開発を急いでいる状況。

そうしたなか、メルセデス・ベンツは世界が注目する「CES」開催地で未公開車両を自動走行させて技術力を大いにアピールしたという訳です。

Avanti Yasunori

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ