2008年に日本に上陸したFIAT500が初のマイナーチェンジ!

コラム Clicccar

個性豊かな特別仕様車が続々と設定されているFIAT500。2008年の日本導入以来初となるマイナーチェンジを受け、1月23日から販売が開始されます。

マイナーチェンジが初めてとは意外な気もしますが、LEDデイライトの採用やフロントバンパーの形状変更、テールランプやリヤバンパーの意匠を変えるなど外観をリフレッシュ。

内装では、ステアリングホイールにオーディオとハンズフリーのコントロール機能を加えるなどデザインを変更しているほか、グローブボックスの装備やカップホルダーの改良、シートの意匠変更も盛り込まれています。

エンジンは1.2Lの直列4気筒、875ccの直列2気筒ターボ(ツインエア)を用意し、ATモード付5速シーケンシャル(デュアロジック)との組み合わせ。

ボディカラーは「ミント グリーン」と「カントリーポリタン イエロー」が追加されたほか、「ボサノバ ホワイト」、「パソドブレ レッド」、「アイス ホワイト」、「ブルー ヴォラーレ」の全6色が設定されています。

価格は「Fiat 500 1.2 Pop」が199万8000 円、「Fiat 500C 1.2 Pop」が252万7200円、「Fiat 500 TwinAir Pop」が228万9600 円、「Fiat 500 TwinAir Lounge」が259万2000円、「Fiat 500C TwinAir Lounge」が279万7200円となっています。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ