VWグループジャパン社長が年始に語った「暗い話題と明るいニュース」とは?

コラム Clicccar

新型ゴルフトゥーランの発表会に先だってフォルクスワーゲングループジャパン(以降VGJ)スヴェン・シュタイン代表取締役社長から、昨年の販売実績とアメリカで発覚したディーゼルエンジンの違法ソフト問題、いわゆる「ディーゼルゲート」に言及がありました。

まず、フォルクスワーゲングループの全世界での販売台数は993万台で対前年比マイナス2%となりました。

なかでも大幅な落ち込みを示したのがマイナス49.2%の南米と、マイナス37.5%のロシア。日本の販売台数は5.5万台のマイナス18.8%でしたが、アジア太平洋エリアで見るとわずかマイナス3.2%で、このマイナス要因は主に中国市場が原因となっています。

それほど、日本のマーケットは小さいということの表れかもしれません。

VWはマイナスとなっていますが、プレミアムブランドのポルシェが18.6%、アウディが3.6%プラスになっているのはVWグループ全体としては明るい話題といえるでしょう。

スヴェン・シュタイン代表取締役社長はこの販売台数減をディーゼルゲートだけではないと分析しています。

VWは2015年上半期は7月のパサート/ パサートヴァリアント。そしてゴルフオールトラックまでニューモデルの導入がなかったことも販売台数減の要因の一つと捉えています。

そこで2016年は1 月のゴルフトゥーランを皮切りに、コンパクトSUVのティグアン、PHEVのパサートGTE、そしてスペシャリティモデルを次々と導入していく予定になっています。

ディーゼルゲート問題については、日本国内に並行輸入された36台のディーゼル車について、VGJが責任をもって対応し、ドイツ本国では2016年第一四半期の2Lディーゼルエンジンを皮切りに第2四半期に1.2Lディーゼル、そして第3四半期に1.6Lディーゼルエンジンのソフトのアップデートを行っていくと述べました。

そして今回のディーゼルゲートを原因追及のため、450人体制で調査を行いつつ、これまで一人または数人の密室で行っていた作業を、透明性を高めるためミュラー新CEO自ら扉を開けて、オープンに進めていくことを決定しました

そして、ブランドのキャッチフレーズをこれまでの“Das Auto”からVolkswagenに変更することも発表。

「フォルクス(人々の)ワーゲン(ワーゲン)」としてユーザー目線でのサービスを実践していくことを決定しました、

VGJはPeople Firstプロジェクトを立ち上げて、ユーザーの意見を反映し、VWを身近なブランドとして体感してもらうためのイベントを展開していく予定とのこと。

日本には違法プログラムのディーゼル車は導入されていませんでしたが、高品質や信頼性の高いブランドとして支持されてきたVWがどのようにしてブランドのイメージ回復に取り組んでいくのか注目していきましょう。

そして参戦以来3年連続チャンピオンに輝いたWRCは4年連続を目指して2016年も参戦するという明るいニュースもありました。

(萩原文博)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ