【東京オートサロン2016】TOYOTA GAZOO RacingがなんとSUVの「C-HR」でもニュル24参戦を発表

コラム Clicccar

TOYOTA GAZOO Racingは、ドイツで開催される第44回「ニュルブルクリンク24時間耐久レース(5月26日-29日)」に、TOYOTA C-HR Racing、LEXUS RC、LEXUS RC Fの3台で参戦すると発表しました。

ドライバーでは「モリゾウ」、チーム代表「豊田章男」として2007年から参戦してきた豊田章男社長は、「当初はトヨタからお金をあまりもらえず、中古一台(アルテッツァ)をニュル向けに仕立てて初めて参戦しました。今年は私自身がレースに出るか分かりませんが、プロで固めて(レースは)、評価ドライバーなどを含めて、もっといいクルマつくりをしていきたい」とその意義を語っています。

参戦車両の「TOYOTA C-HR Racing」は、純粋なスポーツ車両ではなく、FFのクロスオーバーで参戦。プリウスとプラットフォームを共有する「TNGA」第二弾。

新たな車両で新たな経験を積みヒトづくり、クルマづくりに活かす、TNGAの思想でもある「もっといいクルマづくり」へのチャレンジとしています。

ドライバーは、景山正彦、佐藤久美(他のドライバーは未定)、チーフメカニックは大阪晃弘(トヨタ)。

「LEXUS RC」は、昨年に続く2年目の参戦で、ドライバーの木下隆之選手は「性能は追求するけれど、乗りやすいクルマに仕上げたい」と語っています。もうひとりのドライバーは蒲生尚弥で、他のドライバーは未定。チーフメカニックは高木 実(トヨタ)。

「LEXUS RC F」は、トムスが開発に参画し、レース参戦も指揮。ドライバーはニュル初挑戦の土屋武士、大嶋和也、井口卓人、松井孝允と発表されています。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ