【東京オートサロン2016】XV HYBRIDにS#モードを追加!これがスポーツ×カジュアルSUVの新提案

コラム Clicccar

スバルのSUVシリーズのなかで、最もコンパクトなサイズで手軽に扱えるモデルとして人気のXV。

東京オートサロンには、そのハイブリッドモデルをベースにSTIが手がけた「SUBARU XV HYBRID STI CONCEPT」が展示されています。

SUBARU XV HYBRID STI CONCEPTはフレキシブルタワーバーやフレキシブルドロースティフナーといったSTI独自のスポーツパーツを装備。

ほかにもXV ハイブリッドには存在しないSIドライブのS#モードが追加されているなど、SUVでも走りの愉しいモデルに仕上げてあるそうです。

内外装のデザインにも力を入れ、エクステリアではホイールや各部にアクセントとしてXVのイメージカラーであるオレンジを随所に配しています。

ホイールアーチも標準モデルでは樹脂の素地のままとなっていますが、こちらのモデルは艶黒の塗装が施すことで、白を際立たせています。

ホイールはフォレスターのS-Limited用をベースにオレンジのアクセントを取り入れ、XVらしさを足元からアピールしています。

タイヤは標準仕様のブルーアースからアドバンSPORTへ変更され、走りも期待させる仕様となっています。

テールランプもスモークレンズとすることで、引き締まったリアビューにすると同時に、ハイマウントストップランプもクリアレンズからレッドのレンズへと交換されています。

さらにボディカラーにはクォーツホワイト・シリカという新色をまとっています。この新色はパールホワイトのようにアイボリー系の白ではなく、まさに純白といった感じの白で、ブースの照明下でも煌びやかに輝くボディカラーは実に好印象です。

アクセントにはオレンジのほか、ソリッドのブラックを使用。あえてシリカやパール、メタリックなどを使用しない漆黒を使用することで、白がより際立つ仕様となっています。

インテリアも加飾パネルやエアコンダイアル周りにオレンジを使用。ステッチもガソリンモデルのXVに使用しているオレンジを採用して統一感をはかっています。(ハイブリッド仕様の標準車はシルバー)

シート表皮の配色も3色を組み合わせ、外装同様XVらしいPOPなイメージとなっています。さらにシートベルトもオレンジでコーディネート。ドライブが思わず楽しくなってしまいそうなインテリアとなっています。

走りだけでなくデザイン面でも個性を主張する「SUBARU XV HYBRID STI CONCEPT」。完成度の高さは特別仕様車としての登場に期待できるレベルといえそうです。

(井元 貴幸)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ