新型プリウスはなぜ最上級の「A」グレードが最も売れているのか?

コラム Clicccar

昨年12月9日に発売された新型プリウス。

発売約1カ月(販売店の営業日ベース)で約10万台を受注したという好調ぶりで、月販目標台数は1万2000台ですから約8.3倍という驚異的な受注台数になっています。

主な好評点は、

ハイブリッドシステムの小型・軽量・高効率化や空力性能の向上などにより、40.8km/L(Eグレード)の低燃費を実現

低重心パッケージによるエモーショナルなスタイル

歩行者を検知する機能を備えた衝突回避支援型プリクラッシュセーフティをはじめ、4つの先進安全機能をセットにした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」など、先進の安全装備を充実

プリウス初の4輪駆動「E-Four(電気式4輪駆動方式)」の設定

となっています。

同時に気になるのが納期ですが、トヨタのホームページによると、1月8時点で「Aプレミアム」と「Aプレミアムツーリング」が約6〜7カ月、「A」、「Aツーリング」が約4〜5カ月。

先代では「G」、「S」、「L」という主なグレード構成のうち、中間の「S」が売れ筋でしたので、新型では最も高い「A」グレードの中でも「Aプレミアム」と「Aプレミアムツーリング」という高級仕様が最も長い納期待ちということになっています。

販売比率を同社広報部に伺うと、「A」グレードが51%、「S」グレードが48%、「E」はわずか1%。

「A」系グレードは、最も安い「素」の「A」でも277万7563円からという車両価格で、コミコミだと320万〜350万円クラスの見積もりになるのではないでしょうか。

私が取材した範囲ですが、昨年末の発売当初の販売現場では「A」が最も売れていたようで、プリウスに限らず、新車は最初高いグレードから売れていく傾向からも「A」が過半数という人気ぶりになっているのも(長い納期にも関わらず)頷けます。

「A」系グレードが人気になっている理由を考えてみると、まずは「Toyota Safety Sense P」が標準装備で、「S」と「E」は8万6400円というオプションであること。

さらに、「A」系には「ブラインドスポットモニター(BSM)」、「インテリジェントクリアランスソナー(巻き込み警報機能付)」、「シンプルインテリジェントパーキングアシスト」の安全、ドライバーサポート機能が標準で、「S」と「E」には未設定となっているのも大きいはず。

さらに、ステアリングスイッチの車間距離切り替え・レーンディパーチャーアラートも「A」系に標準で、「E」と「S」は「Toyota Safety Sense P」とのセットオプションとなっています。

ほかにも快適装備などの差もありますが、先進安全装備の有無が「A」系と、それ以外の大きな差になっていて、冒頭で紹介した新型プリウスの好評点からも分かるように、安全・安心を重視するなら「A」系にしようという心理と、おそらく販売店側のプッシュもあるのではないでしょうか。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久、塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ