2016年の新成人が乗りたいクルマTOP10【女性編】

コラム Clicccar

「2016年の新成人が乗りたいクルマTOP10【男性編】」に引き続き、今回は【女性編】をご紹介。

女性に人気のクルマTOP10は以下の通りでした。

男性では一台もTOP10にランクインしていない軽自動車が4台を占めるなど、より実用的なクルマを欲しているのが分かります。

第1位:ダイハツ・タント

女性から最も支持を集めたのが、ダイハツが販売するスーパーハイト系軽自動車「タント」です。

ボディサイズは3395mm×1475mm×1750mm(全長×全幅×全高)と背が高いのが特徴。角ばったボディから想像できるように、その室内は驚くほど広い。

そんな広々スペースが魅力のスーパーハイト系軽自動車は「スズキ・スペーシア」「ホンダ・N-BOX」「日産・デイズルークス」「三菱・eKスペース」など、他社からも販売されているのですが、「タント」の強みは助手席側の前席と後席の間にある柱(Bピラー)を後席ドアに内蔵している点です。

これにより、ライバル車を凌ぐ圧倒的な開口幅を実現。最大で38cm前方へとスライド可能な助手席と合わせれば、27インチの自転車やベビーカーでさえ車両の横側から積みこむことができるのです。

 

第2位:トヨタ・アクア

男性部門でも7位に輝いた「アクア」は女性部門では2位にランクイン。ちなみに新成人全体では昨年の9位から大幅に順位を上げ、第1位となりました。

なんといっても注目は低燃費。ガソリンエンジンとモーターのハイブリッドをパワートレーンにもち、その燃費は最良で37.0km/Lを誇ります。しかも、価格は176万1382円〜とハイブリッドカーの中では比較的手ごろなのも人気の理由。

2015年11月には、衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ、車線逸脱警報、オートマチックハイビームをセットとした「Toyota Safety Sense C」を設定。レーザーレーダーと単眼カメラを用いた安全装備が満を持して搭載されました。

 

第3位:日産・キューブ

登場は2008年ですが、根強い人気を誇っているのが日産が販売するコンパクトカー「キューブ」です。

その名の通り、箱形ボディの空間は広く、一部のグレードにはスタイリッシュガラスルーフをオプションで用意。室内の開放感をさらに高めます。

さらにインテリアには標準のグレーとブラックのほかに5パターンもの仕立てをオプションで用意。室内の雰囲気をライフスタイルに合わせてカスタマイズできます。

第4位:日産・モコ

“きゃりーぱみゅぱみゅ”を起用したCMが印象的だったスズキの「MRワゴン」をベースに、日産流の仕立てが施されたのが「モコ」です。

ホワイトやブラウンなどの柔らかな色使いが特徴の室内空間には、随所に収納スペースが用意されています。可愛らしさと実用性がギュッと詰まった1台です。

 

第5位:ダイハツ・ムーヴ

2014年12月にフルモデルチェンジされた「ムーヴ」。次世代ベストスモールを目指した現行モデルには新開発の軽量高剛性ボディ骨格構造が採用され、これまでの軽自動車の概念を塗り替えるほどしっかりとした走りを披露します。

 

第6位:日産・ノート

迫力のある顔付きが増えつつあるコンパクトカーのなかで、どこか艶やかな雰囲気を纏い独特な雰囲気を醸し出す「ノート」。

ボディカラーもシックなものからポップなものまで全15色を用意しています。パワートレーンはエンジンにスーパーチャージャーを組み合わせ、動力と低燃費を両立。

 

第7位:トヨタ・プリウス

「アクア」に引き続き男性部門と女性部門の両方でTOP10に入ったのが、ハイブリッドを世に広めた1台「プリウス」です。

初代のデビュー当時から掲げる低燃費は、フルモデルチェンジを果たした現行モデルで遂に40.8km/Lへ到達。従来よりもデザインはシャープですが、居住空間および荷室の広さは健在。静粛性をはじめ、走りの質感も向上しています。

 

第8位:トヨタ・パッソ

ボディサイズは3650mm×1665mm×1535mm(全長×全幅×全高)。エンジンの排気量も996ccと、軽自動車とコンパクトカーの間に位置するのが「パッソ」です。

小柄なボディは取り回しに優れ、最小回転半径は4.3〜4.7m。そのほかにも、ガラスエリアを広く取り、運転席の目線も高くすることで視認性に優れています。

そんな「パッソ」のユニークな機能がロングクッションモードです。後席座面を前にスライドさせることで前席との隙間を埋められ、荷室に置けないほどの大きな荷物でも積むことができます。

 

第9位:日産・マーチ

キリッとした印象のコンパクトカーが主流のなか、丸っこいプロポーションが愛くるしい「マーチ」が今年も女子の支持を獲得。

メッキが施されたドアノブや、プラムのカラーが上質な雰囲気を演出するインテリアもポイントです。

 

第9位:ダイハツ・ミラココア

「マーチ」と並んで第9位にランクインした「ミラココア」は、15色のボディカラーに3色のパネルと3色のシートカラーを自由に組み合わせることで、自分好みの一台を仕立てられるのが特徴です。

(今 総一郎)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ