フォード・フィエスタにスポーティなエアロを装着した90台限定車を設定

コラム Clicccar

1.0Lの直列3気筒ターボながら6速DCTとの組み合わせで、トルクフルかつダイレクト感のある走りが楽しめるうえに、フォードらしい小気味の良いフットワーク。一度乗れば走り好きの心をつかんで離さないはずのフォード・フィエスタ。

欧州Bセグメントには、自他ともに認めるベンチマークのフォルクスワーゲン・ポロ、ルノー・ルーテシア、プジョー208、アウディA1、MINIなどがありますが、A1とMINIはプレミアムBセグメントというべき価格帯で、ポロ、ルーテシア、プジョー208、シトロエンC3あたりがライバルになるでしょう。

個人的には、走りの良さではポロやルーテシアも魅力的ですが、スポーティというキーワードが最も似合うのはフィエスタかな、と感じさせる仕上がりの良さが印象的。

2月13日に発売される「フィエスタ 1.0 EcoBoost Sport Appearance(スポーツ アピアランス)」は、走りの良さはそのままに、専用のブラックのハニカムデザイン アッパーグリルとロアーグリル、ブラックハニカム・フォグランプベゼルを装着することで、よりスポーティな佇まいとしています。

ボディカラーは「ブルーキャンディ メタリック」、「パンサーブラック メタリック」、「ムーンダストシルバー メタリック」など全5色で、インテリアカラーはブラックのみ、シート地はクロス。

「フィエスタ 1.0 EcoBoost Sport Appearance」の価格は242万円です。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ