新旧同時試乗でわかったCX-3の小さな変更による大きな進化

コラム Clicccar

2015年12月24日にマツダCX-3が商品改良を行いました。今回は改良前のモデルと改良後のモデルを同時に試乗できましたので、改良のポイントとともに違いを紹介しましょう。

CX-3の今回の商品改良のポイントは静粛性の向上、人馬一体感の向上、そして内装仕様の追加の3点です。

まず、静粛性の向上を目指して、これまでオプションで設定されていた、エンジンのノック音抑制に効果のあるナチュラル・サウンド・スムーザーを全車標準装備しました。さらに全車フロントドアガラスの厚みを増すことで、車外騒音の室内への進入を抑えています。

そして人馬一体感の向上として、前後ダンパーの内部構造とフロントスタイライザー径を細くすることで乗り心地を改善し、電動パワーステアリング制御の改良によって操舵初期の車両コントロール性を向上。さらにコーナーでの操作性と直進安定性が向上しています。

そして、エンジントルクの応答を精密にコントロールするDE精密過給制御を行い、軽負荷領域においてアクセル操作に対するレスポンスの向上を目指して再設定しました。

最後の内装仕様の追加は最上級グレードのXD ツーリングLパッケージに黒革内装仕様を追加し、全ボディカラーで選べるようになりました。

では、早速新旧CX-3の乗り比べをしてみましょう。試乗車は2台共にCX-3XDツーリング2WDの6AT車です。

まずは従来モデルからです。CX-3が登場したときのインプレッションでの2WD車の印象は正直悪かったです。サスペンションのセッティングが硬く、路面からの入力がほぼダイレクトに伝わるほどで、当時のインプレッションでも4WD推しでした。

赤い従来モデルの2WD車はその当時の印象と全く変わりません。路面からの入力は大きいですし、リアのスタビリティが希薄です。

コーナーではハンドルを切ってから一瞬フロントサスにつっぱり感があり、沈み込みが遅れる感じがします。アクセルのレスポンスは赤信号などからの発進時など、踏んでから一瞬の間があってからトルクを感じました。

すべてほんの一瞬の間なのですが、たしかに人馬一体を掲げるマツダとしては埋めるべき部分だったのかもしれません。

続いてセラミックメタリックの新型2WD車に乗ります。まず、スタートして感じるのは走り出しが非常にスムーズになりました。アクセルを踏んでタイヤのひと転がりが速いなと感じます。しかも静粛性は格段に向上しています。エキゾーストノートはもちろんですが、車内での会話の明瞭度も相当レベルアップしています。

乗り心地も大きく変わりました。入力が穏やかになるだけでなく、リアタイヤの接地感をドライバーがしっかりと認識できるようになっています。さらにコーナリング時もステアリングの操作に対して、スムーズにフロントサスが沈み込むので、旋回性も相当良くなっています。

改良後のモデルをひと言で表現すると、スムーズさが際立っています。アクセル、ステアリングというドライバーの操作に対してすべてスムーズかつスピーディに反応してくれるようになりました。

従来モデルの街乗りにおいて硬く、乗り心地の悪さも感じたサスペンションは見事に改善され、これなら2WD車も良いなと感じました。開発者によると、乗り心地は4WDに寄せた訳ではなく、4WDもさらに進化しているとのこと。2WD車の走りの進化を見たら、次は4WD車も乗ってみたいと思いました。

今回の改良は通常の年次改良やマイナーチェンジではなく、あくまでも販売開始してから、ユーザーやメディアの声を受けての商品改良とのこと。年次改良ではどれくらい変わるのか、今から興味津々です。

(萩原文博・撮影小林和久)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ