フォルクスワーゲンcross up!は、見た目も走りもかなり楽しい!

コラム Clicccar

日本の急速充電器のすべてに対応しないことから残念ながら「e-up!(イー・アップ!)」の日本導入は見送られることになりましたが、up!にはSUVテイストの外観や10mm最低地上高が高められた「cross up!(クロスアップ!)」が設定されています。

発売されたのは昨年夏ですので、すでに愛車としている方もいると思いますが、昨年末のフォルクスワーゲンのオールラインナップ試乗会で改めて乗る機会がありましたのでご紹介します。

ハッチバックやミニバンをSUV風に仕立てるのはフォルクスワーゲンが得意とする手法で、「cross up!」は同社のクロスシリーズとして2006年に登場した「CrossPolo(クロスポロ)」、2007年の「CrossGolf(クロスゴルフ)」、2012年の「CrossTouran(クロストゥーラン)」に続く第4弾。

外観は、専用フロント&リヤバンパー、ルーフレールに加えて、「up!」ではもっとも大きな16インチの専用アルミホイールが装着されているほか、先述したように最低地上高も10mmアップしています。

エンジンは999ccの直列3気筒DOHCで、シングルクラッチの5速ASGとの組み合わせ。デュアルクラッチと比べると、とくに低速時の加速、減速時に一瞬の「間」がありますが、up!の登場時よりも着実にアップデートされているようで、かなりスムーズになっています。

75ps/6200rpm、95Nm/3000-4300rpmというスペックからも分かるように、軽自動車のターボよりも10ps程度パワフルになっています。

クロスアップ!の950kgという車両重量(素の4ドアのup!よりも30kg増)に対してはまさに必要十分というパワー感で、一般道であれば流れに乗るには不足を感じさせません。

また、ややロールを許しながらも粘り強い足で、コーナーをクリアするのも楽しく、日本の軽自動車やコンパクトカーでは飽き足らない層にも走りでアピールする力は備わっている印象。

小気味よい走りが魅力のコンパクトSUVとして、ほかにはあまりない個性で勝負するVW クロスアップ! ディーゼル問題で現在は「ゴキゲン♪」というブランドメッセージこそ使われていませんが、まさにゴキゲンな走り、内・外装に仕上がっています。

(文/塚田勝弘・写真/小林和久)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ