富士重工業、本社ショールームで「世界の名機カレンダー」原画展を開催

コラム Clicccar

富士重工業は、東京都渋谷区の本社ショールームで2 月 18 日(木)〜3 月 2 日(水)の 14 日間、「WORLD FAMOUS AIRPLANES=世界の名機カレンダー」原画展を開催する、と発表しました。

 

今回の原画展のもとになる同社の「世界の名機カレンダー」は、同社が毎年製作しているもので、今年の2016年版の表紙は「四式戦闘機“疾風”」が採用されています。

「世界の名機カレンダー」の原画は、航空機アートの第一人者である小池繁夫氏が描いているもので、「世界の名機カレンダー」は1976年版から2016年版の41年間にわたって制作されましたが、本年でその歴史に幕を下ろすことになりました。

 

今回の同原画展では2016年版の表紙を飾る中島飛行機制作の「疾風」をはじめ、作者の小池氏が選定した全20作品の原画を展示することになります。

同社がこの世界の名機カレンダーを製作しているのは、同社が戦前・戦中に数々の名機を生産した中島飛行機を前身とし、同社のルーツが航空機にあることが理由です。

現在でも同社は、自動車とともに航空機の開発・製造を手がけています。

 

同原画展の開催概要は、次の通りです。
・ 日 時: 2016 年 2 月 18 日(木) 〜 3 月 2 日(水) 10:00〜19:00
・ 会 場: エビススバルビル 1 階ショールーム 東京都渋谷区恵比寿 1-20-8
(JR 山手線「恵比寿」駅東口より徒歩約 3 分)
・ 入場料: 無料  ※ 当日のカレンダーの販売はありません。

主な展示作品は次の通りです。
・ 四式戦闘機「疾風」 (2016 年版表紙)
・ フォード 5AT トライモーター旅客機 (1990 年版 3-4 月、2016 年版 1-2 月)
・ スーパーマリン スピットファイヤーMk.戦闘機 (1994 年版 5-6 月、2016 年版 3-4 月)
・ カーチス NC-4 飛行艇 (1995 年版 3-4 月、2016 年版 5-6 月)
・ アラド Ar196A 水上偵察機 (2002 年版 11-12 月、2016 年版 7-8 月)
・ カムス 53 旅客飛行艇 (2002 年版 7-8 月、2016 年版 9-10 月)
ほか全 20 作品

航空機ファンのみながず、スバルファン、小池氏のファンには見逃せない原画展となります。

(山内 博 画像出展:富士重工業)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ